はじめまして、てゐ(@philoso_graphy)です。

写真、カメラ、特にフィルムでの写真撮影などを趣味にしているので、そのあたりを記載していこうと思います。以前は音楽などもやっていたので、たまにそういった楽器や好きな曲の紹介も触れようと思っていますが、メインは写真、カメラについてが多いと思います。フィルム写真については、現在は自家現像を行っており、モノクロ、カラーともに自家現像などを行っています。趣味レベルなので質は求めない感じです。

カメラ趣味の多くの方はご経験あると思いますが、私もカメラやレンズを取っ替え引っ替えしています。そんなこんなでカメラ好きが行き着く終着駅、Leica(ライカ)にたどり着いてしまい、最近はLeicaをメインで使用しています。詳しい方には説明不要ですが、Leicaはドイツ製のメーカー、ブランドです。未だに35mmのフィルムカメラを製造していたりするメーカーです。そもそも35mm判もこのメーカーが作り出したものだそうです。そういう意味では、一番スタンダードなメーカーとも言えますが、そのポジションはかなり独自のもの。レンジファインダーという、今ではいささか古風な仕様のカメラをいまだに製造しており、その伝統的な哲学に裏打ちされた独特のスペックの機材をリリースしています。Leicaは非常に高額ではありますが、堅実な作り、独特な性能にファンが多いです。

今の手持ちの機材についてはコロコロ変わるので記載をやめました(笑)。今はデジタルライカのライカM10-Pブラックと、ライカM4をメインに使っています。レンズは・・・ライカ純正のいいレンズたくさん集めたんですが、色々家族との関係もありまして・・ほとんど手放してしまいました。現在はVoigtlanderなどの(安いですが、それでも高性能なレンズです)レンズを使用しています。

とはいえ、今まで使った金額は考えたくありません。結構な高級車が買えたかもしれませんね・・・。

以前はエレキベース、DTM、ロードバイクなどをやっていました。どれも触り程度です。ベースはそこそこ長くやっていますが下手です。バンドも2年に一度ライブをするかどうかくらい。スノボもやっていましたが今はもう辞めました。最近は休日に写真を撮りつつ散歩するのが楽しみです。フィルム写真の現像を自分で行うようになり薬品とか管理や準備が面倒ですが、慣れると意外と楽しいです。自分なりの経験が記載できればと思います。

デザインに近いところの仕事はしているものの、デザイナーではないので見栄えや構成がアレですが、自分なりの視点を記載できればなと考えています。

19年2月某所にて Leica M-P+summicron 35mm(7枚玉)

上記の写真、以前使っていたライカM-Pとズミクロンで撮ったもの。父親の葬儀の朝に(2月の朝)。