Leica M6 ブラック、ふたたび。

前回の投稿でライカM2を入手して、もうこれでいいと、俺はこれでやっていくんだと、周囲の人も(誰もいないけれども)そうだそうだ、もうM2でいいだろう!と、囃し立てるわけですが(誰もそんな人いないけれども)、俺はいったい何をやってるんだと・・・・

「Leica M6(ライカM6) ブラッククローム」を入手しました。

人生で3台目のライカM6です。最初に手に入れたM型が同じブラッククロームのM6でしたので、原点回帰ということになるのでしょうか?(最初のM6ブラックの前にライカCLを持っていたのでそっちのが原点になるかもしれませんが・・)

私のライカM6遍歴

私のM6遍歴から語っていくとすると、2016年当時、どうしても欲しくてライカM6を購入しました。はじめてのM型ライカで、ブラッククロームのTTLモデル。SSダイヤルが大きめのものでした。元箱、取説、ストラップなど一式揃った状態で、ボディもスレといえば電池蓋のスレくらいのきれいなものでした。当時の相場が12万〜25万あたりで、20万を超えるものは新品保管品とか特殊な限定モデルくらい、その中で私は16万ほどで購入。当時の自分にはかなり大きい金額でした。

これが今では40万前後になってしまったのは驚きです。当時から実用重視でしたので手に入れたものはどんどん使うようにしており、当時はライカレンズまでは買えずフォクトレンダーの35mmで近所を撮り歩いていました。この頃が一番楽しかったかもしれない。まだ自家現像もはじめていませんでしたが、フィルムも今ほど高くなく、現像も店舗に出しても即日対応で500、600円くらいでしたので安くできた。大事に使っていたのですが、妻と一緒に住み始めた頃で、色々な出費が重なり泣く泣く放出してしまいました。一方でそこからどんどんとライカ沼へ落ちていくことに。唯一、ズミクロンの3rdを入手して、岐阜、名古屋に旅行に持っていけたので、その時の写真は大切な思い出です。

そして2台目のライカM6は、少し間があいて2020年辺りにシルバーボディのものを入手しました。当時すでにM6は高騰しており、相場はだいたい30万円前後。まだぎりぎり「ライカMP」が30万円台後半〜40前半くらいで入手できる頃で、M6を買うくらいならがんばってMPいった方が・・・という感覚もありましたが、その直後にMPが高騰して40後半〜50万円台になり、高嶺の花になってしまいました。M6の相場も25〜30前半あたりで推移しており、流石にもう手に入れるのは無理かなと思っていたのですが、なぜかMintコンディションのM6シルバーをジャスト20万で入手することができました。ボディには傷ひとつない状態、しいて言えば巻き上げの上に少しスレがある程度。裏蓋の塗装なども新品かと思う状態のものでした(それより前にライカM-Aのシルバーを所持していたのですが、それと比べても遜色ない状態でした)。コレクターの放出品をうまく拾った感じですが、その代わり元箱などの備品はなし、ボディのみという一品。

このシルバーM6は美品でしたが、実用重視ですので普通に使用していました。操作性もとてもよく、手触りもいいし、最高でした。当時は同時にライカM4も所持しており、贅沢に2台使いでした。京都、大阪へも旅行に行き、当時コロナ全盛で人のいない伏見稲荷など珍しい状況も撮ることができました。しかしある時、M6、M4の2台が同じタイミングで故障しました。M6はシャッター幕の後幕が遅延するような感じで撮影結果に影が写るようになりました。おそらくコレクション品であったことから油切れしてしまっていたものと思います。それと撮影に影響ない部分で、ブライトフレームがうまく切り替わらない状態になりました(これも油切れ)。

M4はよくあるシャッター幕の抜けで動作不能に・・・。仕方なく同時にOHへ出したのですが、すでにフィルムカメラ全体が高騰しており、転売なども盛んだったため、修理業者の納期も非常に長くなっていました。ある業者から4ヶ月〜5ヶ月と言われました。そのため納期を考慮して別々の業者に修理を依頼(いずれも納期2ヶ月ほど)。かかった値段・・・2台で17万6千円・・・当時の相場でライカM4がもう1台買える・・・(現在はM4も20万前後になってしまいました)。そのためいずれかを手放す判断をしなければならなくなり、M6シルバーを即放出。当時はライカM4の方が完全機械式ということで魅力を感じていました。しかし、同時期に家庭でもいろいろあり・・・結果的にはライカM4も手放すことになりました。諦めきれずにライカCLなどを手に入れしばらくはそれで撮影していました。

ちなみにM6のOHは6万円~で対応できました。特に部品交換が発生しなかったためです。一方でライカM4は古い上にもともと並品を使っていたため、幕交換、内部部品の交換、フランジバック調整が入り、11万。なかなかパンチのある金額です。(いずれも有名な業者さんに依頼したので、調子は最高の状態になりましたが。M4の60秒のシャッター音など「コリンッ」という心地よい音に・・)

原点回帰のライカM6ブラック

今回入手したのは、いろいろなものをごにょごにょした結果、行けると思ったので一括で支払い入手しました。ご安心いただきたいw。まず資金繰りの話から入るのもナンですがw。

Leica M6 + Nokton 50mm f1.2

いろいろ物色しましたが、ライカM6高くなりました。もう基本が30万オーバー、一部フリマサイトで出品者が負けに負けて20万円台後半があるかどうか。店舗販売でも20万円台はかなり外観に痛みがあるとか、なかなか手を出しづらい物が多い印象です。だいたいが35万〜40万という感じでしょうか。ライカM6はあまり骨董品という感じがしないので、M3〜M4などの元値を超えてのプレミアムは個人的には感じない。逆に実用品としてガンガン使うのが本質かなと。

入手したライカM6 ブラック、個人的には現在の価値を考慮すると状態と値段で一定の妥当性を感じる値段で、非常に適度なものを手に入れたと思っています。シリアル的にも割と新しい90年代後半のもので、各所を整備済、ということで少し安心です。備品などはなく純正ストラップ1点のみ(あとボデイキャップ)。外観も傷も少なく、塗装浮きもないですし、電池ボックスの蓋が少し擦れている程度でとてもきれいだと思いました。過去のM6もそうなのですが、個人的にM6を選ぶ際の基準は200万台以降の90年台のものにしています。また最初のM6ブラックはTTLでしたが、それ以降は通常版を選ぶようにしています。TTLは整備を断る業者もいるためです。また発売が84年なので、90年代のものであれば10年も差があり、メーターの劣化などを考慮すると、少しでも年代の新しいものを選択した方がいいという考えです。それと、最近ライカM6の復刻で話題ですが、LEITZロゴについて。初期モデルの赤バッチがLEITZになっているものも魅力ではありますが、私は実用派なため、ロマンではあまりお金を出さない。このあたりはM6の初期ですとファインダーのハレーションが、とか光線漏れがといった噂もありましたし、最近見かけるLEITZロゴのボディはだいたい整備入っていることから、劣化が怖いなと考えています。整備済みなら実用には大丈夫だと思いますが。

Leica M6 裏側

ということで久々にライカM6に触れると、やっぱり使い心地がいいなと思いました。これは売れるわ。M4などを使っていたときメーターは外付けでしたが、実は撮影には外付けの方がいい場合と、ファインダー覗いて確認できた方がいい場合があり、一長一短ですが、やっぱりメーターが入っていた方がかさばらないし、さっと撮影できて気持ちがいいです。実は少し前までライカMPを使っていた自分としても、やはりMPは気を使う感じがしてライカM6の方が振り回せる気がしています。MPは塗装がはげるまで自分で使い込めたら最高ですけどね。

次の目的地は

自分のライカ人生も終盤に来ています。正直、家庭でもいろいろあるのでいつまでこのM6を維持できるかもわからない・・・。ただ最近いろいろ考えて、できればこれは手放したくないなと考えています。逆にデジタルの方が持て余していたりするので、もしかするともしかするかもしれません。毎回いっていますが、家庭の事情もあるので、そろそろライカにこだわるのは難しいかなと思っています。しばらくはM6を手放す予定はないので、いまはモノクロメインになりましたが、撮影をたくさんして、たまにはプリントしないとと考えています。そのうち、プリント機材とか、作業プロセスなどにも触れていきたいと考えています。せっかくLEITZのValoy IIなど暗室機材もいくつか所持しているので、そのあたりもご紹介できればと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です