これで最後かな?ライカM4。やっぱり完成形はすばらしい。

なんだかライカ歴を紹介する内容になってしまっています。これまでいくつかのカメラを使ってきましたが、自分のスタイルにはライカが一番しっくりきているようです。周りにライカ使いの友人がいないので、使用感の共有もできず、人によっては成金趣味と言われてしまうかもしれませんが、多くの人が好んで使っているってことは、当然ながらブランドやステータス以外にも、使用感や携帯性、シンプルな操作での速射性など魅力があるわけです。

さて、いま私がメインで使っている「Leica M4(ライカM4)」についてです。

created by Rinker
¥224,800 (2021/09/16 18:02:18時点 楽天市場調べ-詳細)

ちょうど去年の年末、とても仕事が忙しく、具体的に何をしてたか記憶にないのですが、当時、確かFUJIFILMのTiaraか、Tiara IIあたりを使っていたのかな?(後日書くかも、面倒だけどw)。ライカM2を手放してしまい、その穴を埋めるように、手軽に撮影できる小型のAF機が欲しいと思い、日本製コンパクトフィルムカメラに手を出していました。ライカM2を売却した理由は当時の金策(こんな話ばっかり・・・)と、シンプルすぎるという点に少し飽きてしまっていたからからな(これも贅沢な話ですね)。M2は使い勝手もよかったし、ある程度雑な扱いをしても問題がないため、自分流に使いこなすには最適な機種でしたが手放してしまった。結局はそれを自分流に着こなして使い切るような「風流さ」が自分には欠けていたのだと思います。

そんな中、またしてもレンジファインダー熱が出てしまいました(こんなことばっかりしてる・・・)。しかもその前後で、実は、これも頭おかしいのですが、名機Nikon F3などにも手を出しており、久々に一眼レフを触ったりもしていました。しかし一眼レフの大きさや重さ、シャッター音の大きさが自分には合わず、結局ライカに戻りたいと思うようになりました。
自分としては、金属の塊感のある機械類が好きで、それでいて小型で質実剛健というものを好む傾向があるようです。そんな経緯で、

やっぱりライカが好き(照)。なにいってんだこの人・・・。

私はこういうときの行動は異様に早い。すぐにM型ライカを物色開始。ライカM6は異常な値上がりで手がでなくなっていましたし、電気系統の故障は嫌だな・・・と、そうなると使ったことない「ライカ M4」に狙いを定めます。

あまりボロボロでなく、一方で値段が極端に高すぎず、それでいてちょっとしたステータス、少し個性が欲しい・・・。相変わらず欲張りです。 そこで作りがよいという噂のある120万台以前のライカ M4を探すことに。外観は実用重視なのでそこそこでよい・・・。それがありました!

数年前にO.H済みで動作はOKで、118万台(適度に初期もの、67年製)、外観は軍艦部、底部に多少のブライトマークありだが軍艦の文字消えなくきれいに表示され、グッタペルカ(バルカナイト?)の剥がれなし、裏蓋回りの塗装、状態もかなり美品、内部も金属の痛みが少なく、ファインダーもきれい・・・。こう並べてみると、かなり高望みな要望ですが、これをクリアしているものが破格の値段でありました。私は、自分を目利きだと思っている節があるのですが、こういうときのわりと外さないことが多いです。

早速入手して実写しました。これは「アガリ(最後)だ・・」と思えるものでした(後日追記:ぜんぜんアガリではありませんでしたw)。モノクロフィルムを入れて近所を散歩、シャッター、巻き上げなど使用感も問題なし。そして現像後、出てきた絵に感動しました。使用感と同じように意図した雰囲気で撮影できていました。私の感露出でもある程度問題ありませんでした。いつも使っているSummicron 35mmでイメージ通りのコントラストのよい写真ができました。夏前までは第3世代の7枚玉、夏以降は最新のASPHレンズを使用しています。(写りの好みとしては7枚玉の方が上だったかもしれません・・・。最近7枚玉、異様に値上がりしてるんですよね・・。)

フィルムの海外持ち出し(インドネシア編)で記載している通り、夏にバリへ行ったのですが、そこでも7枚玉Summicronで撮影。思ってたより涼しい気候でしたが、そこは常夏の島、強い日差しと南国の植物が作り出すコントラストは非常に美しいものがあり、気持ちよく撮影できました。一部、その記事と重複しますが、いくつかモノクロをピックアップ。

ライカ M4は、M型の完成形と言われていますが、確かにそう思います。非常に無駄の無いデザイン、機能性、使用感。クランク式のフィルム巻き上げもその後のライカ M6に引き継がれますが、使いやすいですし、フィルム装填も楽です。それにシャッターチャージ、レリーズも感触がよい。シャッター音も個人的にはとても満足。値段と使い勝手のバランスを考えるとライカ M4はかなりおすすめできると思います。世間でライカといえば「ライカM3」ですが、実は触ったことがありません。というのも広角35mm枠が使えないため、完成度の高さはなんとなく理解しつつも自分としてはM2以降の機種が好きです。
露出計については、当初すべて感露出で撮影していましたが、最近VoigtlanderのVCメーターIIを導入しました。これ付けると露出計を頼るようになり感が鈍るのであまり使いたくはないのですが、当然失敗は減るので使用しています。露出計に頼ると、いまの設定を確認したくなり、撮影のテンポが遅くなるのがデメリットです。気にしなければテンポと自分の感で撮れる。SS固定にして絞りの調整だけで同じ場面を2、3撮っておけば、まず空振りは防げる。とはいえ、なるべく適正露出で撮りたいとも思うので、ここは一長一短でしょう。

フィルムライカはこのライカ M4で最後かな・・・(追記:まさかこのあとも続くとはね・・・)。やっぱりM型の完成形としてすばらしい。(まさかそのあとM-Aが来てまたおかしな方向へ行くとはね・・・ここでやめときゃよかったのに

最後にカラーフィルムで撮影したものを以下に掲載。一部、カラーでの自家現像をはじめて1本目、2本目くらいのものが含まれているのでとても粗いものも含まれています。私は自分で撮ったものを作品なんて呼ぼうと思っていませんが、どれも自分にとっては大事なワンシーン。意味は自分の中にだけあればよいかな、というのを言い訳にさせてください。(今年は台風の影響が大きく後半の数枚は台風が去って被害を受けたあとの多摩川近辺の写真。おそらく自家現像2、3本目あたりのフィルムかな。ちょっと荒いけど陰影はけっこう好きな感じ。)


Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック

ライカM2、シンプルで超実用、とても質実剛健なカメラ

フィルムをはじめてから、一応手元に1台はフィルムカメラを持っておきたいわけですが、一時的に手元に1台もフィルムカメラがない時期もありました。そうだね、金欠だねっ。

記憶が前後してますが、コンパクトフィルムカメラに熱を上げてた時期もあり、流行りにのってContax T2、もしくはFUJIFILMのカルディアミニ・ティアラあたりをいじっていた時期(こちらの感想は後日)もありました。ちょうどその頃、機械式カメラを手元からすべて手放してしまった時期がありました。

ご承知の通り、ビョウキなので、こういうときの思考法としては、
「いつ壊れるかわからない(古い)電動式のカメラだけが手元にある・・・怖い・・・壊れにくい機械式カメラが欲しい・・あの金属の塊感が欲しい・・・」。
やっぱりビョウキだと思います。その結論として「やっぱりライカだ!レンジファインダーだ!」という気持ちになり、格安で入手したのが「Leica M2(ライカM2)」でした。(前置きが長い)

Leica M2 (セルフタイマー付き) 【ファインダー内清掃/距離計シャッター調整/各部点検済】

Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック

かなり格安だったため外観も傷多めで、グッタペルカのイタミこそ少なかったものの、裏蓋のあたりはちょっと浮いていたり、実用ではあれど美品ではありませんでした。またファインターの内側の枠がメンテ不良なのか、少し汚れていました。その一方で、2重像も明確だし、シャッターもぜんぜん問題ない。フィルム室内部もまぁ年代(65年製)を考えれば理解できるスレ具合で、実用にはまったく問題ない状態でした。ある部分では神経質ですが、ボロだけど自分にとって使い勝手最高!という道具も嫌いじゃない。

使用感、フィーリングは当然、それまでに扱ってきたライカそのもの。まったく問題もなければ不足もない。ライカM2は「ライカM3」の廉価版ということですが、フィルムカウンターが窓式ではなくダイヤル式。巻き上げ、レリーズボタンと同軸に金属の輪が設置されており、そこが1コマごとに進んでいく形式。フィルム交換時に自動リセットがされないため、手で0付近まで戻してやる必要がある。忘れるとフィルム撮影枚数がわからなくなるという。
フィルム巻き上げはM3や、最近ではMP、MAなどと同様にノブ式のもの。実は最新のMP、MAがこれを採用しているのもわかる通りノブ式の方が実は使い勝手がよいです。M4~M6(M7もか・・)あたりのクランク式の方がたしかに巻きやすいですが、途中で指はなすとグルグルって戻ってしまってなんか面倒。落としたときの耐久性もノブ式の方が強そうです。その点、カウンター窓がない点も含めて、強度的にかなりタフに使えるのがM2ではないかと思います。
ちょっとした使い勝手の悪さとしては、フィルム装填がスプール式なこと。このあたりはバルナックやM3を経由した方なら通常の「儀式」ってことで許容できるかも。どうしてもここの手間をクリアしたい方は、あまり見かけないため高価ですが、ライカ純正の「ラピットローディングシステム」を入手すれば、M4以降と同様のフィルム装填ができ、手間を緩和できます。一時期これ探し回りました。某、再塗装で有名なお店にきれいな状態のものがありまして、値段問い合わせたりしてましたが、当時は金欠でスルーしていました。

変な話、ライカってハマるとどうしてもいろんな機種をとっかえひっかえしてしまいがちなのですが、シンプルで質実剛健という意味では意外とライカM2で「アガリ」ってなる人もいる気がしています。とにかく過不足がない。作りや操作性にまったくの心配ごとがない。そもそもなぜM2を選んだかというと、フレーム枠に35mmがあること。実はみんな大好きライカM3を使ったことが無いのですが、その理由も広角側のフレームが無いためす。個人的にはフィルムは35mmでラフに撮りたいというのが自分のスタイル。その点、35、50、90mmのフレームありのM2ですと、50mmも使えて自分としては不足がありません。

あと個人的に感じたのはシャッター音がとてもよかったことです。黄金時代のライカM3の直後ですから、ライカの安定感が一番いい時期の製品ということもあるかもしれません。もしくは多少の個体差か。とはいえ美品とはいえない状態で、あの「チャッ」というシャッター音は、自分がきいた中で最もよかった。製品のもつ底力をみた気がします。しかしシャッター音の良さに気づくのは後になってから。後にM4に移行し、それに慣れた頃に気づきました。M4は状態もいいですし、こっちの「パシャ」という音も撮っている感じがして心地よい音です。(後に書きますがライカM-Aの音はもっと「コッ」という感じ。こっちのが情報少ないので気になる方いるんじゃないでしょうか、にやり)

このライカM2を所持していた時期、ちょうど自分のバンドメンバーの女の子が結婚しまして、結婚式ではM2を持ち込んで撮影しました。つくづく自分、伊達男だなと思います(笑)。普段、自己肯定感低すぎなのでこうやってアゲてこ、ねっ。レンズは確かSummilux 50mm(第2世代)と、Summicron 35mm(7枚玉)です(デジタルはM-P240)。人に配慮してあまり挙げられませんが。

旅行などの外出が少なかった時期だったため、近所の散歩程度しか使えていませんでした。過不足もなく、不都合もない幸せな生活。なんで手放してしまったのか・・・そう、金欠だねっ!(泣)。
いやそれだけじゃなかったですが、おそらくこれがライカM4、現在のメイン機材への布石になったのではないかと思いますが、手放すことになります。確か手放したあとNikon F4とかにも手を出してましたが・・・そうやって人生は続く。


Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック