「Nikon New FM2」を入手する

※今回は長いし、大したこと書いてないので読み飛ばしてくださいw。

いま、フィルムカメラを買い足すことに、どんな意味があるのかはわからない。

私は現在ライカM10とライカM6という、もっともオーソドックスな仕様でありながらもっとも尖ったカメラの1つで写真をとっている。でもときどき不安になることがあった。これらのカメラはもちろんオールマイティーな機能や操作性があるカメラではないため、独特の使用感に自分が慣れてしまっているのではないか。この2台が写真を撮るためにまったく不足のない道具なのは理解している。しかし道具がもたらす自分への変化がどこかにあるのではないか。

レンジファインダーのフォーカシングは独特で、そのためある程度仕組みさえ理解してしまえば咄嗟のスナップに都合のよい道具であったりもする。今となっては独特ではあるが、仕組みを理解した上で自分なりに瞬間を切り取るのは快感だ。単純に他の機材も使ってみたくなったんでしょ、と言ってしまうこともできるが、それほど単純ではないような気がした。

過去に使っていた同じくらいの年代のカメラとしては、CANON New F-1、Nikon F3、F4、もう少し古いものだとAsahi Pentax Spotmaticなどがある。New F-1は元々FDレンズの描写が好きで、それならボディもと考え”意識的に”購入した機材。純正のボディとレンズでの撮影、描写はとても気に入っていた。ただしあの重さには閉口した。Pentaxはたまたま古道具屋に埋もれていたものを拾ったもので、ガラクタながら写りがよかった。確かTakumar55のF1.8でトリウムレンズ?だったと思う。露出計がしんでいたので適当だったが妙に雰囲気のよい写真が撮れた。F3、F4はあまり深く考えずに手に入れてすぐ手放してしまった。Nikonのフラッグシップ機なだけにさすがの使い勝手だと思った。高機能なゆえにとても重く常用できなかった。

これらの経験からそれぞれの魅力はわかっていたが、どうしてもライカの描写、コンパクトさ、モノ自体の魅力から離れられなかった。以前は撮影時に技術的なことや、細かい操作についてあまり深く考えずに対応していたが、最近はF値やシャッタースピードも意識的に使い分けたりしている。また、モノクロ、カラーの自家現像も行うようになり、撮影や現像で思うような結果を出せるようになってきた。このタイミングで日本製のフィルムカメラに回帰してみたくなったのである。と、いつもながら前置きが長い・・・。

入手したNew FM2はとてもよい実用品だった

F3、F4の使用経験もあったし、APS-Cとフルサイズの違いも知らなかった頃、最初に買ったのはNikonのエントリー機だったこともあり、Nikonには質実剛健なよい印象をもっていました。そこで、機械式シャッターで堅牢なことで知られる「Nikon New FM2」を入手しました。

Nikon ニコン New FM2 後期 ブラック ボディ
created by Rinker
Nikon
¥54,442 (2021/05/18 16:05:23時点 Amazon調べ-詳細)

(値段的に入手しやすい)FEやFAなどとも迷ったが、総合的に人気のあるFM2を選択。最近では機械式シャッターの人気が高く、30年ものの中古としては少し割高な印象(上位機種のF3より高い場合あり)。元々はF2を狙ってたけど、流石に少しオールドすぎるかなと。それとレンズは標準中の標準、50mm/F1.4を選択しました。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

このFM2は最近まできちんと人に使われていたと思しきもので、経年のほころびはあれど、動作状態はかなりよいものでした。ファインダーの小ゴミやモルト劣化は許容範囲、露出計も現状はほぼ正確なようです。また裏蓋はオプションのMF-16データパックになっていました。個人的にデータパックにこだわりはないけど、高機能なのでとてもお値打ち。FM2はわりとジャンクなものが高値で売られる傾向があり、このタイミングで引っかかりたくないなと思っていたのでとてもよい取引ができました。また機会が有りましたら、よろしくお願いいたします。

まずいな、使い勝手がよい・・・

以前、NikonのFシリーズを短期間で手放してしまった経験から少し怖さもあった。どうせ入手しても重いとか、使い勝手が、、とか、ファインダーの汚れが気になるとか言ってすぐ手放すことになるのではないか。しかし数日使ってみて、最初こそ久々の一眼レフのフォーカスに慣れなかったが、慣れてくればやっぱり使いやすい。ファインダー内部もF値、SS、露出が上部と左右に分かれているので目線を動かすことが多く最初分かりづらかった。またフォーカス、絞りリングがライカと逆なため、咄嗟に逆に回してしまったりもした。ただしこういった身体的な部分は慣れで何でもなかった。なによりボディ、レンズの軽さがよかった。といっても結局はライカと同程度の重さだが、ライカより100gほど軽いようだ。ライカより厚みは少し大きいが構えやすい。そして巻き上げレバーも軽い(このあたりの機構の動き、感触はライカの方が好きだが)。全体としてはサイズ感がよく、余計な機能もないのでスナップに集中できる。

サイズはほぼほぼ同じくらいか
ライカより厚みがあるが構えやすい
コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

まずいな・・・使いやすい。以前さわったF3、F4はかなり大きく重い、そのかわり高機能。中級機種であるNew FM2は最低限の機能だが軽く使いやすい。余計なことをしない自分にとってはかえってこの方がいい。写真学校の指定機種であるとか、多くの人がこのカメラで上達したとか、プロがサブで使っていたとか、いろんな話を聞くが、これは確かに使いやすい。余計な機能も必要ない。ストロボすら使わない自分には向いている。なんだか、教習所の車みたいだなと思った。平凡だがこなれていてとても運転しやすい。

これはしばらく使うかもしれない

自分に合う道具を見つければ(見つけるまでが大変なのだが)、そこまでとっかえひっかえにはしない方だと思うが、FM2は久々に自分に合う道具かもしれない。確かにシャッター音などは大きめだが、機械的で好ましい。今どき気をつけないといけない話だが、道端で人のいる方に向けるときはシャッター音に少し注意がいるが、近所の散歩で街角を撮るくらいだと、いつもよりフィルムを消費してしまうかもしれない。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

もう少し、この個体について触れておくと、全体的に傷は少なめで、ロゴまわりはきれいな状態、ここは個人的に気に入っているところ。底面とか角の部分は適度に擦れているけど嫌な傷はなく、きちんと使われてきた感じがする。ところによって真鍮かな?、塗装下の金地が出ているのもかっこいい。あと裏蓋のMF-16というデータパックは、日付が2020年でも使うことができた。機能はおそらくすべて生きているようで、液晶表示もOK。何枚か日付つきで撮ったが、写真自体がレトロな印象になって、日付を入れて遊ぶのもよいかもしれない。個人的にはあまり日付機能に思い入れはないので、そのうちノーマルの裏蓋を入手して交換するかもしれない。しかし噂には前から聞いていたけど、この使用感は結構クセになる。総合的な取り回しやすさがとてもよく、人気があるのも頷ける。フィルムの減りが早くなるので注意が必要だ。撮影した写真もかなりよく撮れているが、それは次回別の記事にて書こうと思います。

ロゴまわりがきれいな状態
データパック、まだ使えます
レトロな設定がなつかしい・・・

Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック


Kodak カラーネガティブフィルム プロフェッショナル用 35mm ポートラ400 36枚 5本パック 6031678


コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

Cinestillの粉末カラーネガ現像キットを試す!

※9/3ページ下部に追記あり

日頃、自分でカラーネガの現像を行っていて、もっと簡単に入手できるカラー現像キットのようなものはないか?と探しているのですが、1つありました!

それが「Cinestill Cs41 Powder Developing Kit for C-41 Color Film」です。

こちらはCinestillというカリフォルニア州ハリウッドにあるフィルムメーカーが出している薬品です。独特のタングステンフィルムなどをリリースしています。ちょっと高いフィルムですね。

cinestill カラーネガフィルム 800T 35mm 36枚撮り 1本

本現像キットの公式の説明としては以下のような感じです。

<公式のコメント>
CinestillのCs41粉体現像キットは、ご家庭で独自のC-41薬品、カラーフィルムを処理するために設計されています。これには、33.8液量オンスを作る2つの化学浴処理混合物が含まれ、35mm(36 exp)の約8つのロールを処理します。または120フィルム。自宅で白黒フィルムを処理したのと同じ装置を使用して、さまざまな温度で使用できます。このパウダーは、水、温度計、シンプルな現像タンク(別売り)で使用するように設計されています。

CineStill 800235 50Daylight 微粒子カラー写真フィルム

この現像キットについて、いろいろ調べても英語の情報しか出てこないですし、Youtubeなんかだと液の作成から現像工程とか、いろいろ情報あるんですが、日本語情報が少なかったので先んじてやってみようかなと・・・。

この現像キットの入手方法

最初に簡単に入手できる、と記したのですが入手がむずかしかった。私は海外のショップを色々調べてやっと入手しました。一時は海外でも全部在庫切れになっていたのですが、みんな大好き「B&H」さんで「Back order(お取り寄せ)」となっていたので、とりあえず注文しておいたら1ヶ月半〜くらいして発送されました。そこから約2週間で手元に届きました(入手は夏前だったんですが、ダルくて他現像液の都合でこのタイミングですw)。

入手に苦労したよ・・・という話をしようと思ったら、今では「かわうそ商店」さんで売ってらっしゃるんですね・・・(しかもちょい安いかも・・・)。

かわうそ商店
カラーネガ現像キット粉末タイプ CINESTILL Cs41 Dev KIT1リッター

B&H
Cinestill Cs41 Powder Developing Kit for C-41 Color Film

Cinestill現像液の作成

現像液の生成を行っていくわけですが、どうやらかわうそ商店さんで買うと、日本語説明書が同封されるようです。おそらく元の英文の説明書をローカライズ(日本語化)してくれてるのでしょう・・・英文と格闘したわたしを誰かほめてほしい・・・。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック
パッケージはこんな感じ(銀色の袋)
中には3袋の薬品と説明書(英文)が入っている

さてここから、薬品の制作過程を動画にしましたので(すっごいマメだなと自分をほめてあげたい・・)、こちらをご覧ください。

一応補足説明をしておくと、パッケージの中には3つの袋、池袋、沼袋、乳袋が入っており・・・すみませんふざけました・・・赤1点、青2点の袋があり、赤が現像液、青は漂白定着液を生成する薬品になります。

ぬるま湯(常温の水)に溶かして1リットルの薬品を作成していきます。まず5〜600mlくらいの水に、赤いパッケージの薬品を溶かします。ここまではモノクロ現像でおなじみのミクロファインとかと同じ(それはモノクロ用だけど)。だんだんと水を注いで1リットルにしつつ、薬品を溶かし切る。

そして漂白定着液も1リットルですが、まずはPartAを5〜600mlの水に溶かして、ピッチャー(メスカップ?)から保存用の容器に出したり入れたりしつつ、PartBの粉を入れます。どくどくしい色しています。そこから容器で出し入れ何度かやって混ぜて、水を1リットルになるまで注いでいき、保存容器にいれていきます。きちんと薬品が溶けるまで混ぜて終わり。まぁ、いずれもある程度薬品をいじったことある人なら普通です。

この漂白定着のピッチャーと容器の出し入れの工程はおそらく説明書に、PartBの薬品を入れると化学反応があって、吸熱反応が起こるので・・・と書かれています。ちょっと手で触れてみたのですが、ちょっと冷たくなったような気がしました、気のせいだったらごめん。あとすぐ蓋を閉めると、中がシュワッとしてるので膨張した感じになるので、少し蓋あけといた方がいいのかも・・・。(ちょっとこのあたりは状況みてやってよw、ぶん投げる・・)

cinestill カラーネガフィルム 800T 35mm 36枚撮り 1本

この現像液での現像結果

うーん、どうだろうね(笑)。

というのも説明書に液温度と、現像時間について、増感なども含めて表が書いてあって、自分は液温32度で、8.5分での現像、漂白定着は8分での対応をしました。液温29.5度だと13分だって。結果としては以下のような感じ。

うーん、比較的うまくいったものをチョイスしましたが、個人的にはそこまで満足はしていない。明るいとこが飛んでるものもあったので、おそらく現像時間が少し長かった可能性がある。とはいえ、空の色なんかはちゃんと色でている。短距離でとったものも対象が少し荒れているので、曇りでの撮影だったとはいえ、現像がジャストだった、という感じはしない。

まだ1本しか試してないので、もしかすると32度で7分半〜8分とか、もうちょい短めに試してみたら違ってくるかなと思いますが、どうでしょうか?

【9/3追記】別の現像時間で試してみた

上記、公式の説明書には、29.5度で13分、32度で8.5分といった形で各種温度と現像時間が記載されているのですが、前項までに試したのは32度/8.5分。でも結果をみてみると、以前別の現像液で時間オーバーしてしまったときと同様な荒れや白飛びが起こっていました。そこで、現像時間を短くすれば安定するのでは?ということで早速試しました。以下、現像を32度で7分、漂白定着を8分で対応したところ、これで成功しました。余は満足じゃw。
(9/10追記、その後も7分で試していますが、非常によい結果が得られています。この現像液わりといいですね。コツをつかめば安定しています。現像MAXで8本と、本数少ないのでコスパはそこまで良くないですが、撮影済フィルムを溜め込んでからやる人にはよいかも。)


KODAK カラーネガフィルムGOLD200-36EX 10本パック
created by Rinker
¥7,489 (2021/05/18 00:16:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,979 (2021/05/17 21:30:54時点 楽天市場調べ-詳細)