エルマーをめぐる冒険

最近、手元のフィルムMが2台(M4、M6)ともに入院してしまい、その治療費に莫大な費用がかかっていることもあって(支払いこれからだし、というかもう1台M4買える金額だし・・)、あまりいろいろと購入欲がでていなかったのですが、「Elmar 35mm f3.5(1941年製)」を購入しました。

elmar 35mm f3.5 + Leica CL
elmar 35mm f3.5 + Leica CL
created by Rinker
¥84,800 (2021/05/18 10:06:11時点 楽天市場調べ-詳細)

最近、ライカレンズはありがたいことに現行レンズをメインに使っており、オールドはあまり触れていませんでした。以前はエルマーや沈胴Summicron 50mmも使っていましたが、いまさらオールドレンズもなぁ・・・という感じでした。

しかし現行レンズを一周して行きついた境地は「人はエルマーにはじまりエルマーに終わる」でした(笑)。たぶん頭おかしい・・。自分も最初にエルマー50mmを使ってライカの写りに感動したこともあり、またあのレトロで作りのよいレンズに触れてみたいと思うようになってしまいました。正直、カメラ、レンズ趣味の一番怖いところ。ほんと終わりがない沼です。バカみたいって思ってしまう。

今回は手に入れたElmar 35mmの紹介をしたいところですが、過去のエルマー(主に50mmですが)について思い出を語っていきたいと思います。こういう書き出しだと長いかも・・・。

1本目のライカレンズ Elmar 50mm F3.5

本ブログの一本目の記事で、はじめて購入したのがバルナック型のライカIIIfだったという話をしました。最初は安い東欧レンズ、確かジュピター8とか、別のだったか・・を使っていましたが、どうしてもライカレンズを使ってみたくなりすぐにエルマー50mmを入手しました。実用レンズといいつつ、後玉の隅に傷が入っており、特に逆光時に変なフレアが入る状態でした。部屋を探して、当時1〜3本目に撮影したフィルムを発見。

バルナックで撮影した1本目のフィルム。

当時、天候がわるく室内で試し撮り。F3.5がどうのとか、露出の仕組みとかまったく理解していなかったのでかなりアンダー。露出やF値も適当、それでも開放なら行けるかと思い、夜でも躊躇なく撮影。とはいえちゃんと写っていることに驚いた。このレンズは後玉の隅に傷があり、端っこに乱れたフレアが出る。2015年頃の話。余談だがこの5年で使った金額はあまり考えたくない。普通に新車が買えてしまう、恐怖でしかないw。ともかく数年ぶりにこの写真を見直して、やっぱり質感がいい・・・。

そして2〜3本目に撮ったフィルム。1本目の現像から翌週あたりの日付だったので、そう判断した。ここで自分がライカにハマってしまう写真が撮れた。なんてことない近所のスナップだが、個人的にとても好きな写真。フィルムの1枚目、First of roll。仲睦まじい鳩2匹。2枚目はちゃんとフォーカスしている。相変わらず左上に少しフレア(ゴーストといえばいいのかな)が出ている。

思えばこのあたりの写真が撮れてしまったので、ライカレンズの独特の魅力にハマってしまった。機材を手放しても、結局このときの感動、描写、質感に触れたくてまた手にとってしまう。

それからは休日に近所を散歩したり、代官山、中目黒などを撮影して歩いた。おそらくあの瞬間は都内でも屈指のおしゃれ野郎だったに違いない(笑)。なんていってもその頃には純正のユニバーサルファインダー「VIOOH」なども入手、レンズにも純正のフードをつけて、バルナックのフルアーマーを下げて都内を歩いていた。当時はまだ若い子でフィルムカメラを下げている子は少なかった。日中であれば中速シャッターで何も考えずに撮ることができた。

当時このコンビで撮り歩いていた

2本目のエルマー50mm

バルナックはその後、金策のためレンズごと手放してしまう。紆余曲折あってライカM6を入手した。最初はフォクトレンダーのレンズなど使っていたが、やはり純正のものが使いたくて再度エルマー50mmを購入。これは店舗で3本くらいの中から適度なものを選んだことで状態はよかった。しかしこの頃から頭がおかしくなり、オールドレンズのF値設定の使いづらさとか、もっと現代のレンズが使ってみたいという気持ちが高まり、すぐに手放してしまう。一方では沈胴SummicronやSummicron 50mm 3rdあたりを使っており、特にSummicronの第3世代は現代的なシャープな写りだったこともあり、オールドレンズは流石に見劣りしてしまうように感じて、すぐ手放してしまった(ズミクロンについては別途ズミクロン遍歴に記載しています)。

3本目のエルマー50mm

デジタルでα 7IIやライカM-P Typ240あたりを使うようになってまたElmar 50mmを一度入手しています。なんだろう、当時の最新デジタルを使って、比較的、最近の(半オールド?)レンズを使って撮ると、普通に写りすぎるくらい写る。それに飽きてきたのかもしれない。贅沢がすぎてデジタルでもオールドレンズの味みたいなものを試してみたかったのか・・・。ここで入手したElmarは噂のレッドスケール、赤エルマーです。外観、レンズの状態もとてもよかったのですが、かなり格安で入手できました。ただこの時期になると、気持ちがもっと現行の高性能レンズへと行ってしまっており、SummicronやSummilux 50mm(2nd)など経験して、オールドはF値の変更も面倒だし・・もっとシャープに・・・などと考えて手放してしまいました。今思うとかなりもったいなかったのは、ほとんど試写くらいで放出してしまった。・・・ビョーキ真っ只中だったけど、今思い出すとそのあともっと症状重くなってるんですよね・・・。

そしてエルマー35mmへ

それからしばらくはオールドレンズには手を出しませんでした。現行レンズ集めに躍起になってそれどこじゃなかった。そして今回、エルマー 35mm f3.5を入手しました。1941年製で、今年ちょうど80歳。奇しくも自分の母親と同じ年でした。別にそこで愛着がわくわけではないけれど。まずは外観から。(前置きなげぇな・・・)

非常に軽量・コンパクトで取り回しやすい

現在M型がすべて出払っているため手元にはライカ CLしかありませんが、これがまた、「コンパクト×コンパクト」で大正解という感じ。最近はずっとこのコンビで撮影していますが、もうこれでいいんじゃないかなと思わせてくれる。暗いF値に目をつぶればこれほど有用なレンズはないのではないか。それに写りも定評のあるエルマーです。ある程度シャープに、それでいて程よい余韻を残す写り。最近は現行レンズばかり使っていたので、全体的にシャープなものに慣れていたのですが、どちらがよいということでもなく、たまにはこういう肩の力が抜けた描写もよいと思いました。それと、久々にこの年代のレンズに触れて、こんなに金属の質感よかったっけ?こういう質感の良さもライカのオールドレンズが好まれる理由の一つですね。

あと過去の経験からある程度、夕方や夜でも写るのはわかっていましたが、この35mmもある程度いけます。夜メインの撮影はしづらいでしょうが、ある程度光源があればそれなりに写ります。モノクロでも早く試したいのですが、最近カラーばかり撮っていたのでまだ試していません・・現像が面倒でw)

以下、最近の作例をいくつかご覧ください。大体フィルムはKodak Gold 200です。

上記が購入した帰り道に撮った一本。新宿の駅構内から郊外の夕焼けへ。だんだん空が暗くなりかけて、どうかな?撮れるかな?と思いましたが、杞憂でした。フィルムの粒状感はでていると思いますが、いい雰囲気で撮れています。以下、その後に撮ったものも置いておきます。

上記は昼に近所を散歩したときのもの、または早朝の散歩で撮ったもの。逆光だとやはりゴースト、フレアは出るのですが、角度によってはうまく光を捉えることができる。このレンズ、写るかどうかで言えば圧倒的に写るし、とてもよい描写をします。確かに現行のSummicronやSummiluxとの比較はナンセンスですが、そういうシャープさではなく、十分なコントラストを持ちつつ、背景やボケ、無限のときの対象が自然とふわっと写る感じは目視でモノを見るのに近くてあくまで自然。

オールドレンズは集めだすとキリがないし、それに状態がよいものを集めるのも困難ですし、トライエラー(何度も買って売ってを繰り返すことw)が求められます。とても困難な道でありながら沼に落ちる人が絶えないのも頷けます。それにライカのオールドレンズのよく写るのにコンパクトです。だからボディが最新のデジタルになっても人気があります。最新センサーでフィルムとはまた違った描写を楽しめるのはいいことですね。そこがこの沼が深くて怖いとこでもあるんですが・・w。

created by Rinker
¥84,800 (2021/05/18 10:06:11時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥89,800 (2021/05/18 03:40:23時点 楽天市場調べ-詳細)
Leica FISON レンズフード ブラック 初期型

カラーネガフィルムの自家現像 Vol.6(完成)

前回Vol.5の記事で、カラーネガの現像について「完成編か?」ということで記事を書きました。今回Vol.6にて一応の完成ということで報告させていただきます。

過去の記事はサイトマップの下の方、Note>自家現像のところから辿れるのでご興味のある方はどうぞ。これまでの流れがいろいろ書かれています。

余談が長いので先に結論を書きます。現在、私の手元で一番状態よく現像できている現像時間は「3分27秒」としています。

いやー、長かった・・・。

ここまで来るのにどれだけの時間、労力、お金、フィルム本数がかかったのか・・・。これ、たどり着いてしまう人はフィルム数本程度のトライアルでたどり着けるのかもしれませんが、自分は2020年いっぱいを使ってしまいました。今さらここで語る必要もありませんが2020年はコロナ一色の一年でした。歴史的にも未曾有の出来事の渦中にありつつ、たかだか趣味ごときに集中できていたのは幸いでした。私も仕事が在宅ワークになったことで、自宅でのスキマ時間ができたため実行できたことでした。

さて、前回の記事(11月27日)では3分30秒という時間設定で記事にしていました。しかし、その後のトライアルの中でこの「3分27秒」に落ち着きましたので、その流れを記載します。

そして3分27秒へたどり着いた

前回も触れていましたが、自分の現像の出来の判断基準は、空などの広い面の部分の粗さをみています(もちろん他の物体の表面も参照していますが)。しばらくは3分30秒で対応していたのですが、もう少し短くして試そうと思い、3分15秒、20秒などでトライしていました。しかし逆に少し荒ように見えました(多少気になるとうレベルではありますが)。そこで3分20秒から25秒と、その周辺の微妙なラインを、毎日1本程度ずつ現像していくことでつめていきました。そしてたどり着いたのが3分27秒でした。

以下、トライアル途中の3分20秒で対応したものになります。まだ若干細かい部分、空の面の部分や物体の表面など少し荒れを感じます。

以下はちょっと調整して3分23秒。ここもあまり変わらずですね。写真の内容によっては問題ない状態になることもありますが、もう少し前後の状態をみてみたいと思いました。

以下は3分25秒です。かなり画質が安定してきた感じがします。このあたりで固定してもよかったのですが、もうすこし追い込みたくなり、次に27秒で対応していくことになりました。

以下、3分27秒です。これで安定した感じがしました。細かい粒状感の部分をどう判断するかでしたが、ある程度均一に処理できている気がします。他のインスタなどに流れてくるフィルム写真をみたりして、おそらくそれらは自家現像ではなく店舗でのミニラボ現像だと思うのですが、それらとの比較でも遜色ないかなと思えるところまでもっていきました。

現在は、ほぼほとんどのカラーネガフィルムをこの「3分27秒」で対応しています。念のため書いておくと、水温は30度(±0.5度)、それと漂白定着(温度30度〜35度)を9分で対応しています。

実は漂白定着工程にもコツがいる

とりあえず現像工程の自分なりの回答としてはこの時間なのですが、実は重要と思っているのが漂白定着工程になります。まぁふたつの工程の1つなわけなので重要でないわけがないですが、意外とおざなりにされがちな気がしています。

あるYouTube動画では、漂白定着工程は温度も分数も適当という解説がされていたり、他のブログでもあまり重要視されていないコメントをみかけました。私が考えるこの工程のポイントは、薬品の保存期間が難しい点と、3分台という短い現像時間に対して、(自分の場合は)9分とやや長めに時間をとっている点と、また温度は少し高めの33度〜35度あたりで対応している点が挙げられます。

薬品の保存については、調合前の段階で、白い液体(透明)の方が保存がむずかしく、すぐに白い塊が液体の中に発生してしまいます(結晶化してるのかな?)。茶色の方は変化がわかりづらいこともあり気にならないのですが、白い方はだめになりやすい。調合時にこの白い結晶が液に入ると漂白定着の工程で、フィルムに白い粉状のものが付着して、乾燥後にフィルムから取れなくなります。フィルム自体はきれいに現像されていますが、スキャンすると雪が降っているような感じで荒い写真になってしまいます。

そのため、白い液体の方に結晶化が生じた上で調合するときは布や網のようなもので濾(こ)してから調合するようにしています。しかし濾しても茶色の液体がミルクを入れたように白く濁るのですが、これは時間が経てば沈殿して容器の底に沈むので、上澄みのなるべく茶色の液体の部分を漂白定着時には使用します。調合したてで漂白定着を行う場合は、水洗を十分に行うなど注意しています。

そもそも白い液体、茶色の液体の状態での保存は、6週間程度と公式でも短いのですが(現像液はワンショット使用で2ヶ月くらいの間に使い終わるので気にしていない)、個人的な経験から半年から10ヶ月程度は常温で保存できるものと考えています。以前使っていた薬品がそれくらいもっていました。夏場を超えるとちょっと危ないかな?という感じですね。なのでこの半年〜1年未満くらいの間であれば使えると思います。その際に白い結晶化が見られるので(封切ると2、3ヶ月で出てきます)、濾して調合して使います。

この漂白定着液は、調合すると基本茶色の液体になりますが(エクタカラーを使用)、なんどか繰り返し使用することができ、私の場合は5本〜10本以内くらいまでは同じ液を使いまわします。あまり本数をこなしたり、時間が経過すると、正しい温度、撹拌時間で対応しても画像が荒れてきます。なので、漂白定着液はそこまでこまめに変えなくてもよいが、数本対応したり、しばらく放置したあとは新規に調合するようにしています(ここでも大事な瞬間を収めたフィルムを何本か無駄にした経験から学びました)。

あと温度を高めにして現像工程より長く処理するという部分は、過去にいろいろな情報を探っている中で得た経験則ではあるのですが、温度に関しては30度でなくても良いというのを下敷きにして、高い温度の方が処理が効果的ではないか、という推測からそうしています。機械での処理の場合は38度だったりするので、それくらいの温度までは特にフィルムに影響ないかなと判断しました。あと9分という時間については、以前は6分〜8分程度で行っていましたが、フィルムによっては乳剤が残っているようなイメージでフィルムが濁ることがあったので、少し長めに・・ということで9分にしています。カラー現像の定着はある程度の時間対応したら、それ以上は何分対応してもネガに影響しないとも聞いたことあるのですが、先日間違えて12分ほど漂白定着してしまいましたが、フィルムに影響は無さそうでした。ここは少しアバウトに考えています。そのため自分の場合は30度以上の温度で9分としています。その上で同じ液での処理本数は数本〜10本未満あたりとしています。

一番痛かった失敗は、白く濁った状態の漂白定着液で対応してフィルムを白く濁らせてしまったことです。なので、個人的には結晶化した液で調合するときはなるべくきれいに濾して調合するという部分に割と気を使っています。あとは対応フィルム本数の見極めかなと。自分の場合は2リットル調合して、それを500mlずつ別容器に入れて使い、その500mlで数本処理したら破棄して残りの1.5リットルからまた500mlもってくる、というやり方をしています。(現像液は5リットル作って、1リットルずつ別容器に入れて250mlずつ使用していく使い方です)。

おわりに

カラーネガの自家現像について、6回に渡って記事を記載してきたのですが、正直これ以上は書くことがありません。もちろん別の薬品を使ったらどうなるかとか、プロ向けの小型現像機ではどうか?とか色々なやり方があるのだと思いますが、私が個人で手元で少量ずつ対応することにおいては、以上、という感じがしています。(上記を読み返すと漂白定着液のあたりはもう少しまとめたい感じはしていますが・・)

ともかく2020年はかなりの数のフィルムを購入し、毎日のように現像していたので、正直自分としてもかなり習熟したのではないかと手応えを感じています。とはいえ、そこはまぁ趣味ですので、こんなもんかなとも思っています。コメント欄開放しておいてナンですが、質問とかはしないでw、特に受け付けてませんw。まぁこれからもボチボチやっていきたいなと思っています。(21年はデジタルにも力を入れて・・・)

created by Rinker
¥7,489 (2021/05/18 00:16:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コダック
¥8,200 (2021/05/17 22:58:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
イルフォード
¥19,989 (2021/05/18 05:58:41時点 Amazon調べ-詳細)