そして、ライカM10にたどりつく。

これを先に書いてから他のカメラについて書こうと思っています。昨年秋に「Leica M10(ライカM10)」を入手しました。

created by Rinker
¥1,097,250 (2021/05/18 11:47:57時点 楽天市場調べ-詳細)

タイトルいつも迷うんですが、「なんたらかんたらでライカM10レビュー」とか書いてしまうとレビューしなきゃいけないので面倒だしw。志(こころざし)が低いです。
レビューでもないし。よく、レビューブログとかで「買った理由」とか書くけど、必要性に迫られて買うようなものでもないし、そんなもん欲しいからでいいじゃん、とか思ってしまう。おまえら正直になれよ。あぁ、なんか今日は口が悪いです・・・。

M10+Summilux 35mm f1.4(Non-fle)

以前、Leica MA Typ127のところで少し書いたのですが、昨年秋に旅行に行ったときまではデジタルのライカM-Pを使っていました。その後の紆余曲折を経て、ライカM10に辿りつきました。たまたま相場よりリーズナブルなものがでており、ギリギリで手に入れた感じです。さすがに新品級というわけにもいかず、多少すり傷もあり、使用感のあるUSEDです。とはいえ、動作は問題なく、特に違和感は感じませんでした。傷があるぶん、思い切って使えるなとも思います。

スペックや機能などはもうすでに語り尽くされているわけですが、やはりボディの薄さと高感度耐性に尽きるかと思います。デジタルMからの乗り換えだったため持ったときの薄さはたしかに感じました。あと意外な軽さ。軽さといってもライカMと比べて20gしか軽くなっていません(M:680g、M10:660g)。それでも「あれ、軽いな・・?」と。体感的な錯覚だとしても、それは当然歓迎される点だと思います。
ボディの薄さに関してはよく語られますが、どこで誰に聞いても出てくる「手に馴染むサイズになって最高」とか、フィルムMとほぼ同サイズになって「フィルム機からの持ち替えにも違和感がなく」とかのフレーズがやや疑問な人なので(笑)、そこはあまり考えたこと有りません。当然、デジMからの持ち替えなので薄さは体感できるけど、どちらもいまだに重いです。ある程度の厚みがあった方が持ちやすい場合もありますし。違和感とか言われても、デジだろうがフィルム機だろうがあんな金属の重い塊を手に持ったり、首にぶら下げたりして違和感もクソも違和感だらけだろうと・・・あら、いけない、今日はいつになくお口が悪くてよ・・・。

とまぁ、手に入れたのですが、外観の使用感もあるのでケースなしで使おうかなと思っていましたが、やっぱり気になるのでケースも購入。かゆいところを的確にかいてくれるアルティザン&アーティストさんのものを選択。以前のライカM-PのときもLeica純正のものから、途中でA&Aに切り替えています。取り外しのボタンの部分やストラップ箇所の位置、サイズなど、とても考えられていて毎回驚きます(フィルム機のライカM4も同じA&Aさんの革ケースでそろえています、フィルム機向けのこのケースは柔らかく手触りよくて、ほんとに大好きです)。

created by Rinker
¥16,805 (2021/05/18 11:47:57時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥13,200 (2021/05/18 15:20:56時点 楽天市場調べ-詳細)

ライカM10の使用感ですが、それはライカM-Pと同様に気持ちよく使えています。ノーマルのM10であるため、シャッター音はM10-Pよりは、ちょっと甲高い音がしていますが、外での撮影時はあまり気になりません(店頭で触りましたがM10-Pはほんと静かですね)。もともと使っていたライカM-Pも「P」バージョンなだけに静かなシャッター音でした。このあたりは「P」モデルがうらやましい(馬骨ではないですがw、音楽ファンでないとなんのことやら・・)。
あとはモニターで設定するメニューの表示、配置が使いやすくなっています。これは地味にうれしいところ。多少配置のカスタマイズもできるため、よく使う設定を前によせることも可能です。一方でカラー、モノクロを切り替えるところが少しだけ直感的でなくなった気がします。またライカM-Pのメニューにあったカラー撮影モードもなくなっており、そこは少し寂しい点でした。とはいえあまり凝った撮影モードは使わないことが多いので、そこは特に問題なし。

撮影される写真の印象ですが、ライカMが絵画的と表現されたり、ライカM10はライカM9の流れを汲む印象と言われたりしています。確かにM-P(Typ240)で撮影した写真は濃厚な陰影がつくことが多く個人的にもハマっていたところ。一方でライカM10は少し明るくさっぱりした印象です。独特な色になると言われるM9をベースにうまく調整されているといった感じ。M9ほどクセがなく(M9使ったことないですけどね・・他の方の作例みると・・)、カラーでの発色がクリアになったよう思います。カラーもモノクロもさらっと明るい感じかなと思います。とはいえ、光量がうまくハマったときの色や陰影はとてもライカらしく深みがあり、そこは他と比べてどう?という点ではありません。とても陰影が心地よひ・・・。ここにハマってしまうと、地獄のライカ沼からは抜けられなくなります。
ただし私の扱いが下手なのか(おそらくそうですが)、以前のM-Pよりは失敗が増えた気がします。明るめなため光の加減を考慮しないと、私が好む渋い陰影が撮れない。おそらくそこは光量や撮る対象、または構図、対象への光のあたり方など、私がコツをつかまないといけない点だなと思います。M-Pはあの独特の陰影で、何も考えていない自分をうまく補ってくれていたような気がします。まぁあとはレンズによるのかなと思います。現時点では現行のSummilux 50mm asphなどを使用していて、非常にシャープかつ深みのある絵も撮れていますが、基本的にはシャープで明るい、でもライカ的な絵が撮れるなという感じ。
高感度耐性はよく言われるように、ISO6400くらいまでは使えるかなという感じ。夜道での撮影でもとりあえずきれいに写るようになったのはとてもよかったです。以前のM-Pでも自分はISO2500くらいまでは使っていましたが、ISO3200あたりだと画像の荒れは多少感じました。あまり夜間撮影する機材でもありませんが、いざという時の安心感は大切で、夜間、室内問わず使える場面が増えるのはよい点ですね。あれ、意外とレビューしてるね。

あとはまったくライカM10本体には関係ないことですが、最近フィルム熱が上がってしまい、フィルム機を扱うことが多くなりました。これは自覚してるのですが、時期によってフィルム撮影が楽しい時期と、デジタルが楽しい時期があります。それにしても最近ライカM10の出番が減っています(笑)。フィルム機、ライカM4ですが、こちらの方が「撮影している」感じが強く、いちいち露出、SSなど設定して撮影するのが面倒ではあるけれど、撮影のフィーリングが気持ちいいんですよね。それに最近、フィルムはカラーもモノクロも自家現像をしていて、そのコツがつかめてきたのでそっちが楽しくなってしまっています。ライカM10を持ち出しても、一度もバックから出さないこともあります。もちろんライカM10を手放すつもりはありません。性能的にも最高ですし、持ち歩くにもほどよいサイズだと思います。
最近Summilux 35mm/f1.4 asphを入手したので(←え?w)、今度は35mmをメインにしてM10で撮影するのが楽しみです。
(従来の設定はデジタルは50mm、フィルムが35mmで使うことが多かったので)

とりあえずライカボディに関しては、今はここで打ち止めになっています。正直、全部手放して「ライカQ2」でまとめてしまおうか、と考えたこともあるのですが、レンズ交換式の魅力も捨てきれず・・・。自分のライフステージ的には、いまが限度かなと思っています。とりあえず遊べるうちに楽しもうと思います。

created by Rinker
¥1,375 (2021/05/18 15:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

Rollei 35S、本当に気軽にスナップできる。

何が一周したのかはわかりませんが、
最近入手したのがこちら、「Rollei 35S(ローライ35S)」になります。

どうしても小型のお散歩カメラがほしく、ここへ戻ってきました。というのも以前、ローライ35自体は一度手に入れて使ったことがあったからです。今回はゾナーレンズ、F2.8のタイプ「ローライ35S」を選択しました。

普段フィルムはライカM4を使っていますが、どうしてもサイズ的に大きく、重いと感じることもありました。それに昨今、都心部での街スナップは大きなカメラ、レンズを不用意に構えるにはナーバスになってきています。もちろんライカMは他のものよりは本体もレンズも小型でスナップ向きと言われていますが、都心ではそれでも躊躇することが、私の場合はありました。

そこでもう少し小型で、細かいことあまり気にしなくてもよいフィルムカメラを・・・だけどプラ製のAF機とかではなく、自分でシャッターチャージして撮ってる感じのするもの・・・となると自然とこのローライ35に向かいました。以前いくつか所持していたのですが、昔のAFコンパクト機は軽いし性能も申し分ないのは理解しつつも、あまりに簡単に撮れてしまうため、つまらんというのが本音です。名機CONTAX T2ですら、あのおしゃれなデザイン、高級感のある外装、使い勝手の良さ、写り、心地よい機械音などなど、人気があるのも頷けますが、ボタン押してさっと撮れてしまうのでなんだか味気ないんですよね。贅沢病かもしれません。
ということで、マニュアル操作で、写りがよく、壊れにくい、もしくは修理のしようがある機械式、とだんだん扱いが面倒くさいものを好むようになってきました(笑)。

以前、持っていたローライ35はテッサー40mm、F3.5のレンズがついたタイプで、一般的にはこの仕様の方がメジャーかもしれません。
今回のローライ35Sは、ゾナー40mm、F2.8のレンズ。一般にはテッサーF3.5の方が好まれることもあるようですが、使ってみたところこのゾナーも写りはとても良好です。個人的にはこっちの方が好きかも。よく考えるとCONTAX T2も同じ仕様のレンズなんですよね(画角が少し違うけど。あと名称が同じだけかもだけど)。このゾナーレンズは、カラー撮影で定評があるようで、自分もカラーフィルムで使用しました。


Kodak カラーネガフィルム UltraMAX 400 36枚撮り(10本パック)

ローライ35は、そのデザイン、コンパクトさ、写りから人気がありますが、距離計がなく目測での撮影という点で誤解の多いカメラでもあります。そこで敬遠されがちですが、使ってみると意外とピントが合うことに驚きます。現代的な感覚からはこの仕様の潔さに驚きますが、少し仕組みを勉強してみるとそれは原始的な写真技術を熟知した上での割り切りだと納得できます。この仕様を現代に受け継いでいるのは「写ルンです」。
最近お若い方で使う人が増えていて話題になったりしますが、これがまさに似たような仕組みだったりします。あれも原始的なのによく写りますね。仕組みの詳細は各自でお願いします。
この際「Sunny16」の法則などを学んでみるのも一興かと思います(私もなんとなくしかアレですが・・)。デジタルでもフィルムでもオートフォーカスとかに慣れてしまうと、アナログな設定が面倒だったりしますが、自分の中で作法を習慣にできれば手間を楽しむこともできるのかなと思います。デジタルにも当然応用できますし。
当初は露出計に電池をいれず、iPhoneアプリや感露出で対応していましたが、先日電池を入れました。なんとなく思っていた通り、露出計は生きていました。またそれに従って撮影したところ、撮影結果は特に問題なさそうなので、ある程度の精度かと思います(モノクロの作例がそうです。暗めのものを選びましたが、他のはわりと普通に撮れていました)。露出計は、天気のよい日中に撮るならあまりいらないかも(あくまで個人の感想)。

最近ネット上などで、路上スナップや街撮りについて語られることが多くなりました。私は人や場所に可能な限り配慮しているつもりですが、とはいえ不用意に大きなカメラを出すことにためらう瞬間があります。このサイズですと手に収まることもあり、気軽に街撮りができる感じがします。またシャッター音もそこまで大きくないため、さっと出して撮ることが可能かなと(小さくカチッと鳴るだけなので心配になりますが、これで結構撮れているのがすごい)。それでももちろん配慮、ルールの範囲ではありますが。元々高級機ということもあり、モノ自体の良さはいいですし、デザインもよいのでサブ機としてはとてもおすすめかもしれません。(載せている作例はなんも考えずに、なんとなくの距離だけ考えて撮影したもの。意外とピント合います。また露出もなんとなく設定。たまにライカM4よりよく写るので複雑w)

今回使用したのは、以下のKodakのカラーネガフィルム「UltraMAX 400」36枚でした。ISOが400と、こういったレンズシャッター系カメラでは使いやすいことと、青が鮮やかにでるので使い勝手のよいフィルムです。(どっかで常用フィルムについてもまとめたいなと思っています。)

created by Rinker
コダック
¥2,470 (2021/05/18 16:28:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥7,480 (2021/05/18 16:28:18時点 楽天市場調べ-詳細)