Leica M2、ふたたび。

えー・・・ライカM4ブラッククローム、維持できませんでした(笑)。

大いに笑ってやってください。M4ブラッククロームが最後のライカになると思ってたんだけどなぁ。

その代わりとして招聘したのはこの機種だった。

「Leica M2(ライカM2)」セルフあり、シルバーを入手しました。

created by Rinker
¥178,000 (2022/12/09 09:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)

M4ブラッククローム、とても貫禄もあり、動作も非常になめらかでとても気に入っていました。手放してしまった理由は、まぁ家庭の事情です。個人的にはちょっとショックでしたが、ただ、いろいろ自分でも考えました。自分のあり方とか。

正直、自分に言い聞かせてる部分もあると思いますが、1つ自分を納得させるために考えたのは、そろそろフィルムが危ないのかなということ。実は最近、カラーネガから撤退を考えました。2020年には年間210本のフィルムを撮影、現像しまして、そのほとんとがカラーネガだったのですが、21年、22年と進む中で、引き続くコロナや世界情勢、また日本の凋落(円安など)などからフィルムを取り巻く環境はかなり悪化しました。以前のコメントにも書いたのですが、本気で終わりかなと思ったのは、フィルムの値段というよりは現像薬品が入手しづらくなったタイミングでした。

フィルムの値段はまだいいとして、現像ができなくなるとなると、フィルムの入手、撮影、現像をワンストップで行うことで全体のコストを下げている私のシステムが意味がなくなってしまう。特にカラー向けの薬品は入手しづらくなっており、量販店でも販売を辞めてしまいました。そこでもうカラーネガでの撮影は諦めようと・・・。

また現在、子育て中の身で、なんとかフィルム撮影ができている状況でこれ以上のコスト増加や追加の機材はむずかしい。ただしモノクロについてはまだフィルムが安い値段で手に入ること、薬品もかろうじて手に入る、また現像後にプリントする機材を一式そろえている、ということから、もうしばらく続けようと考えました。今年引き伸ばし機 Valoy IIも導入しました。暗室関連のアイテムは入手しづらい一方で、リセールが効くものでもないため、自分が使わないと飾りになってしまう。それに来年も写真展に出す予定もあり、まだ諦めたくない。

ただし、撤退の準備はそろそろ必要かと。そこで撮影機材は最小限にし、レンズなどはデジタルでも使い回しが効く部分があるので、フィルムボディを最低限にし、レンズはよいものを手に入れておこうと。そうなると宝の持ち腐れとなるのは人気があり、いまだに高額で取引されているライカM4ブラッククロームであろうと。要するに私は損切りをしたという感じです。

現在、私が持っているカラーネガはあと数本となりました。そろそろ期限が切れるのですが、安いころに買っていたポートラ400が2本、エクター100が2本、あとGold 200が数本。すでに撮影済みのネガも数本あります。おそらく残りのフィルムを撮影しおえたら、未開封で残している現像薬品で一気に現像して、カラーネガについてはそれでおしまい、となるでしょう。

ライカM2の入手

こういった経緯からライカM2を入手しました。最近M2でも20万超えてくる店舗がでてきており、かなり価格が上がっているのですが、私は適度な状態のものを割とリーズナブルに入手しました。しかも選択した理由はラピットローディングシステムがついていたこと。このラピットローディングというものがなにかお話すると長くなるのですが、ライカM3、M2はフィルム装填が旧式でいちいちスプールを取り出してフィルムを巻いて戻し、それで撮影ができるというものでちょっとひと手間かかります。なのでライカM4以降の機種をメインで使っていた身からすると少し面倒。そこでライカM3、M2にちょっとした部品を設置することでフィルム装填をスムーズに行えるようにしたのがこのシステムです。専用スプールを設置し、裏蓋側にちょっとした押さえをねじで設置することで、M4以降と同じようなフィルム装填が行えます。このシステム、たまに単体でみかけるのですが、単品で3〜4万ほどするのと、ほとんど市場でみかけないので探すと大変という代物になります。それが最初からついていてリーズナブル、このライカM2に決めた理由はそこにあります。

カメラの状態はそこまで悪くなく、ファインダーにゴミが入っているものの、視認性はわるくありませんし、実用としては申し分ない。ライカM3と同時期に製造されていた機種だけあり、巻き上げの感触やシャッターの感触はとてもよいです。使い勝手でライカM4を称賛してしまうのですが、このフィルム装填がクリアできれば実はライカM2が一番よいかもしれません。(発言の背景として私は35mmレンズをメインにしています。)

以前、ライカM2を一度所有していたことがあるのですが、当時はいまほどライカバブルな状況ではなかったため、ボロボロであったことを考慮しても破格の5万で入手していました。現在では相場はかなり上がりましたが、それでも他のM型と比べるとそこまで値は高くない。元々ライカM3の廉価版という位置づけ、それでもM3に劣らない作りの良さ、35mm枠のブライトフレームがでる機能性などでコアな人気をもつ機種です。

さてしばらくこのライカM2を使って撮影をしていますが、とても快調でもうこれでいいじゃんと。値段もかなり安かったし(10万円台半ば)、フィルム装填含めて使い勝手もいいと。それに撮影できた写真も問題ない。さて、これまでこのブログを我慢して読んでいただいた方ならおわかりの通りですが、私がここに落ち着くと考えるのは早計です。「まだ」ライカM2は手元にありますが、すでに次の動きがはじまっています。その前に某レンズについての記事を書かねばならないのですが。

created by Rinker
¥679,250 (2022/12/09 16:12:21時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥118,800 (2022/12/09 09:44:05時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です