カラーネガフィルムの自家現像 Vol.2(カラー現像液の作成)

20年2月3日の投稿で「カラーネガフィルムの自家現像Vol.1(薬品編)」という記事を書いたのですが、世界1アクセスが少ないブログに、いくつかのコメントを頂戴しまして、そういう意味では大変好評をいただいているのかなと思わなくもない今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか?

時はコロナ禍の真っ只中(2020年3月〜4月)。私も3月末に在宅ワークの指令があり、4月いっぱいを自宅で過ごそうかという状況です。とりあえず仕事は細々とあるものの、スキマ時間を有効に使いたいとも思い、カラーネガフィルムの現像に使用する薬品の調合、工程を画像付きでメモってみようかなと思いました。

まぁ内容的には以前に書いた記事の肉付けでしかないですが、もう少し血の通ったというか(笑)、泥臭いというか、こんな感じよというのが具体的に伝わればと思います。今回は「現像液」の作り方なので、漂白定着液とか、実際の現像工程とかは他の記事にしようと思います。現像工程などは、家族との関係上さくっと対応しなければならないため、かなりシステマティックに(笑)開始から片付けまでを並行して完了できる手順にしてるので結構、書きたいことありますが、それは後日。

作成する薬品

発色現像液

・KODAK エクタカラーRA発色現像補充液 RT 10L(10L用)(補充液)
・KODAK エクタカラーRA発色現像スターター(1.2L原液)

上記の作成ということになるのですが、今回は保存用の溶液を作るだけなので、スターターの方はいれません。

調合の過程

まずは「KODAK エクタカラーRA発色現像補充液 RT 10L」のa、b、cの薬品を用意します。(写真は参考までにスターターも一緒に写っています。)

a、b、cの液。スターターは今回は使用しない。

自分は以下のような薬品用ポリボトルを用意して貯蔵しています。大きい方が1リットル、小さい方が500mlで、今回は1リットルを作成していきます。(500mlの方は半月ほど保存してたのでちょっと黒っぽい色に変色している。おそらく現像自体は可能かと思います。公式には6週間の保存が可能。)

ちょっと汚れてますが・・これに貯蔵している

ちなみに、今回作成するのは1リットルなのですが、その調合割合は以下のように設定しています。(あくまで私の場合です。各自、自己責任にてお試しください。こんなこといちいち書くのも世知辛いですけどねw)

1リットルの液の作成には、「KODAK エクタカラーRA発色現像補充液 RT 10L」のパートa,b,cの液を以下の割合で混ぜていきます。(スターターは現像時まぜるので保存時にはいれません。)

  • ・パートa液:40ml
  • ・パートb液:18.7ml
  • ・パートc液:40ml

事前に3〜400mlのぬるま湯をカップにいれておき、そこへ上記の割合で各液体を混ぜて、最後に全体が1リットルになるようにぬるま湯を足していき、保存液を作成します。実際に現像する際は、私の場合、1回にフィルム1本、小型タンクでの現像しかしませんので、250mlずつ使用していく形になります。(1リットルで4回/フィルム4本分の液体を作る感じ)

a、b、cの液体を順番に混ぜていく

まずは「パートa」の液。軽量カップに40mlを注ぎ、1リットル用のカップ(事前に3〜400ml程度ぬるま湯をいれておく)に注ぎます。

以下、1リットル分の40mlを計量します。

40mlぴったりに・・・。ある程度は目分量で。

注ぐと以下のような感じに。まだ単純に黄色っぽい液体ですが、これから変化していくことになります。

以下「パートb」の液を混ぜます。計量カップで18.7mlになるように注ぎます。

18.7ml、端数になると計量むずいですがそこはエイヤっです

パートbの液を入れると、以下のように色が赤色になります。撹拌してないので部分的に化学変化で色がまだらですね。

アップにすると上記のような感じ。南国系ジュースみたいできれいです。

最後に「パートc」の液を入れます。もの自体は無色ですね。これも1リットル分だと40mlを計量して入れます。

アップにするとこんな感じ。40mlの線のところまで。

パートcを入れるとちょっと色に変化が起きます。赤っぽかった液体が黄色のような緑のような感じの色に変化します。

ちょっと撹拌すると以下のように緑色に変化していきます。変化の過程がちょっと楽しいです。

撹拌しないとまだらな感じです。
混ぜると上記のような濃い色に変化。
更にまぜると上記のようにメロンソーダのような色に。

緑色になった液ですが、1リットルになるようにぬるま湯を足していき、さらに撹拌します。すると金色のような感じの液体ができます。これで完成になります。

とりあえず完成。空いていた1リットル用の容器に漏斗を使って入れていきます。

保存用として作成した現像液の完成!
入れたお湯の温度が熱いと、容器が凹んだりするので、温度は30〜35度程度のぬるま湯でOK。しばらく蓋をせずに冷ましたりしてます。(そのままふたすると容器が変形するんですよね・・)あと半月くらいほっておくとどす黒い感じになりますが、特に気にせず使っています。

カラー現像液の完成!

完成した液を使用するときの手順はまた別の記事で書こうと思いますが、自分は250mlずつ使用しているので、別途、現像時に入れるスターターもそれにあった分量いれて撹拌して(30度にして)それで現像するようにしています。またそのあたりは後日。(載せてる写真、もうちょっとちゃんと撮ればよかったな・・)

created by Rinker
¥3,979 (2021/11/28 04:46:03時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥7,489 (2021/11/28 06:21:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥325 (2021/11/28 07:16:16時点 楽天市場調べ-詳細)