Leica M4(ライカM4) ブラッククロームについて

「これが最後、これが最後」というセリフが歴史上、最後になったためしがないわけですが、おそらく状況的には自分にとってこれが最後のM型ライカになるだろうなという予感はしています。

「Leica M4 (ライカM4)ブラッククローム」を入手しました。

Leica M4 Blackchrome + Elmar 35mm f3.5

またまたぁ〜・・といつもなら言えるところではありますが、フィルムを取り巻く環境が日増しに悪くなっていく現状を見ると、これ以上、先が見えないツールを使い続けることにためらいを覚えます。そろそろ本気で撤退を考える時期に来ているのかもしれない。

多くのフィルムユーザーも、おそらくそろそろ潮時って人と、意地で使い続けるという人と分かれるのではないかと思います。おそらく自分はなんとなく使い続けて、撤退の時期を逃すに一票。

フィルムの終焉

自分が本気で危機感を持ったのは、供給不足が現像薬品などに及んだタイミングでした。フィルムの値段が上がるのはいろいろな理由からわかるし、とはいってもまだまだ使う人は使うでしょう。それにモノクロの長巻きとかであればまだフィルム1本の単価も1000円以下で使える。

しかし、ここにきてフィルム自体の値上がりだけでなく、現像液の値上げや、そもそも現像関連の薬品が販売店から在庫切れしてしまう状況において、あぁもうこれは終わりかなと・・・。個人的にカラーの自家現像にも注力していたので、ヨドバシからエクタカラーの漂白定着液が販売終了になっているのを見たときには、もう終わりだなと思いました。

果たしてこのさき、この趣味はいつまで続くのだろうか。逆にいつまでフィルムが高騰し、それを買い続けなければならないのだろうか。比較的、専門店が存在する都心ですら、手に入りづらいものが増えていき、そんな状況の中で、なんとかフィルムや薬品を手に入れて続ける・・・自分はどこまで行けるかなと。今年、引き伸ばし機まで導入して、暗室用品もかなり揃えたんですけどね・・・。(暗室については後日どこかで)

フィルムライカの最後

そう考えると、現行機種であるMPは自分が持つには高スペック、高額すぎる・・。現在新品価格が70万、中古価格も50万を下回ることが稀になってしまったこの機体で、フィルムの終焉を迎えるのはちょっと厳しいのかなと思いました。これが10〜20万くらいで入手できる、ちょっとボロい、だけどまだまだ機能は調子いい、という感じのM3とか、M4とか、はたまたM6あたりであれば諦めもつくけど、という感じ。

そう考えたとき、自分はフィルムの最後をどの機体で迎えるのかと考えて、やっぱり一番シンプルかつ美しく、ストレスの少ないライカM4しかないだろうなと。4度のM4回帰を考え始めました。

しかし、ここで1つ問題が、MP導入時に家族にも大々的に黒にしたぞ!値段はそんなでもないぞ!(嘘)と喧伝して、使用時におけるストレス軽減や相手の疑念を起こさせないといった対処法をとったため、ブラックボディがシルバーボディになってしまうとすぐにバレて「また新しいの買って・・」という痛くもない腹を探られることになる(ほんとはめちゃくちゃ痛いけどw)。

自分はその価格差を知っているのでなんてことはなくとも、値段を知らない人からすると、また新しいのを買って・・またいくら使ったんだ・・ということになる。そこでブラックペイントとはいわずとも(ペイントものはもうすでに博物館級の代物、値段になっているわけで)少なくともブラッククロームを選択せざるを得ない。だけどここでM4-2とかM4-Pとか行かないところが、自分のこれまでの経験がもたらした意地とでもいいましょうか・・・シルバーのM4を3台も乗り換えてきて、全て118万台を選択していたこだわりもあるわけです。

そこで物色している最中に見つけたのが今回のM4ブラッククローム。こちらも最近値上がりが著しく、シンプルなM4でありつつブラック、という点で人気の仕様です。店舗によっては40〜50万程度もしますが、自分のものは使用感が強く、スレや傷も多めの並品であったためそこまで高くない。それにファインダー、シャッター関連には事前に業者のメンテが入っているとのことで、かなりお買い得な状態となっていました。普段なら、そこですぐポチってしまうのですが、流石に今回は迷いに迷って実機を見に行くことにしました。

期待はせずに店舗に見に行ったものの、実際の機体は使い込まれた貫禄も十分あり、それにスレや傷も悪くない見栄え。機能に影響しそうな変な凹みや痛みはなさそうでした。これまであまりブラッククロームをきちんと見たことないのですが、とてもかっこいい。なるほど人気もうなずける。そして清掃済みのファインダーも非常に綺麗な状態で自分がいままで使ってきたM4と遜色ない。そしてなにより、シャッターフィール。シャッター調整がなされているとのことでしたが、巻き上げのスムーズさ、シャッター音の「こなれた音」は現行のMP以上でした。するっと巻き上がってカチャ、といい、これが心地よい。そしてシャッターボタンを押下することで、チャッと静かでありながら小気味良い音。あれ?これは思ってたより状態いいなと・・。そこからしばらく考えて購入を決意しました。

すぐにテープを貼ってしまう
バックパネル、なかなかの貫禄。でも嫌な傷はない。
底蓋も結構きれいな状態

ちなみに今回、個人的にこのライカM4ブラッククロームで一番気に入っているのはシャッターフィールなのですが、恒例の?シャッター音を収録しましたので以下に掲載します。正直、ライカMPよりこなれてていいのよね・・。巻き上げがすごい軽いので人によって好みはあるかもですが、巻き上げ、シャッター音ともにかなり好き。

おそらくこれが最後のライカに・・・

今回のライカM4、ブラッククロームであるがゆえに家族にはバレておらず心配なさそうです。でも今後、フィルムを取り巻く環境がここまで悪化し、今後も再度環境が改善する見込みがないのであれば、フィルム写真をどこまで続けられるのか、かなり難しい選択をしていかなければなりません。そんな状況下で、更にフィルム機を買い増したり、または別のライカに置き換える、というのはなかなか現実味が薄い話だと思います。もちろんお金が続かないというのもあるけど、短期間しか楽しめないことがわかっている遊興にどこまで大枚はたけるのか。ただでさえ、以前から家族をだましだまし高い機材を買っては手放しを繰り返してきて、そろそろ潮時なんじゃないの、と自分の中でもいろいろ考えることはあります。もしかしたら、機材をとっかえひっかえするのはそろそろ辞めて、写真自体と向き合う時期なのかなと考えました。おそらく自分にとってこれが最後のフィルムライカになるのではないかと予感しています。

自分の写真と向き合う

そう考えた理由にはもう1つあって、最近暗室でのプリントを本格的にはじめたことによる影響です。これも印画紙や薬品が必要なプロセスなので、フィルム同様に先細りが予想される活動なのですが、以前から気になっており、やっと開始したという感じです。そもそも始めるのが遅いし、どこまで続けられるかわかりません。ただいろんな分不相応な機材を使ってきて、そろそろ自分にはこれで十分、というのが見えてきたところで、機材遊びではなく自分の撮影結果、目線などと向き合ってみたくなりました。自分で撮影したフィルムから印画紙に像を映し出す、そしてそれをうまくコントロールすること、このあたりのプロセスに注力して、撮影結果と向き合う、このあとの人生はそこが軸になるのではと考えました。

正直、ここにもかなり大枚はたいて機材を揃えたこともあり、もし急に印画紙や薬品の供給が止まると、暗室用品はなかなかリセールが難しいアイテムということもあって、結構しんどい状態にはなります(暗室関連は支払いは残ってないのでそこは安心な一方でそのまま飾りになる、という悲しさがあります)。

ただ、もともと一人で作業に没頭するのが好きなタイプでしたので、しばらくは印画紙へのプリントで、自分の作品と呼べるような写真との向き合い方をしていきたいなと考えています(個人的には自分の写真を作品と呼ぶのすごい抵抗ある、だって恥ずかしいじゃない?w)。
ちなみに引き伸ばし(プリント)に自分が使っているのはこれまたライカ、というかライツ時代のValoy IIという35mmフィルム向けの引き伸ばし機で、これまた造形が美しい機材です。非常に状態のよいものを入手したこともあり、かなり気に入って使っていますが、その他にもいろいろな暗室機材を入手しました。暗室機材については別途記事を書こうとして、実は何度か中断しているのですが、いつかここでまとめられたらと考えています。機材自体もそうですし、プリントのプロセスや必要な薬品など、いろいろご紹介したいことはあります。

で!ちょうど本日7/6(水)から都内某所で私が上記の暗室機材でプリントした写真を展示させていただいています。正直、はじめて展示なるものを行ったので、主催の方にはかなり質問などさせていただきお手数をかけましたが、なんとかここまでこぎつけました。関係者の方、ありがとうございました。なんだか緊張しますが、はじめてということで、粗はお許しいただきたい。

<エルマー35展>
2022/7/6水〜2022/7/17日
ギャラリー&カフェ、バー PAPER POOL 祐天寺
水木金18〜22時、土12〜22時、日12〜17時の営業

ご予約はSNSやメールにてお願いいたします。
paperpool.info@gmail.com 
また、当日の営業時間内のご予約はお電話にてお願いいたします。
03-3713-2378

以下に、展示とは関係なく、M4bcで撮影した作例を掲載します。

created by Rinker
¥679,250 (2022/10/03 09:24:46時点 楽天市場調べ-詳細)
ライカ エルマーL 35mm F3.5
Leica ライカ SUMMILUX 50mm F1.4 第2世代 Mマウント

もう終わりにしたい(笑)、Rollei 35S。

1つ前の記事で真面目に語っておいて自分でネタにしてるがな。

現在、私が所有しているライカはデジタルのライカM10-Pのみです(現在センサー清掃に出しており、それすら手元にない)。やはりフィルムもデジタルも両方、手元にないとなんとなく居心地が悪いです。病気なのかも・・・。じゃあフィルムはどうしたんだ?

フィルムを本気でやめようと思った。

ここ最近の私の個人的事情は前回書きました。その過程でいろいろ考えたんですが、今年に入って、本気でフィルムをやめようかと思いました。

昨年、私はおそらく年間200本程度のフィルムを現像しました。あ、いまストレージを再確認したところ、正確には210本の現像をしていました。昨年の1月3日からはじまり、年末の12月30日までの間に210本のカラー、モノクロのフィルムを自家現像しました。昨年はカラー中心だったので、おそらく7割以上はカラーの現像でした。2日に1本以上の現像をしていた計算です。

在宅ワークだったこともあり、仕事の隙間時間にも現像し(決してサボってはいません!)、一日に多いときで2〜4本程度の現像を行った日もありました(サボっとるやないかい・・)。現在フィルムはかなり高額ですが、なるべく安価に入手するようにしていました。海外からの個人輸入や専門店でのセール、まとめ買いで1本あたりのコストを低減したり、期限切れ間近のものを安価にと、500〜1000円以内で買えるものを購入していました。210本を単純計算で考えると、1本の値段をおしなべて650円と仮定すると、13万6500円になります。一部、モノクロフィルムは海外から100ftのバルクを購入していたので、100ftで約8000円くらい、そこから20本ほどフィルムが作れることを考えると、もう少し抑えた値段になるかもしれません。とはいえ12〜13万は軽く使ってるわけです。

一方で、現像液などの消耗品。自分は現像液を6600円で10リットル(40本程度現像できる)入手していました。昨年はこれを4回〜ほど購入しました。単純計算すると現像液で2万6400円。そして漂白定着液。これは3900円のものを2回買っているので8000円程度。また現像したフィルムを保管しておくためのシート、35mm×7スリーブ入るものが25枚で約500円ちょっと。200本以上現像したということは、8回〜購入したことになり、500円×8回で4000円。

そう考えると昨年はフィルム購入、薬品、消耗品に約15〜16万程度費やしていたことになります。まぁ独り身なら年2回のボーナスがあったとすると不可能な趣味ではないか・・・。とはいえ10万超えてくるとちょっと高い趣味かもしれない(車、バイクはもっとですね・・)。特に学生さんにはちょっとキツイのかな・・。

しかも、そこにレンズ購入、ボディ購入、その他諸々が乗ってくるので・・・ご想像の通り「もう無理」となりました。しかし、趣味としてかなりコツもつかめてきたので、ここでさっぱり全部手放して写真趣味を完全に辞めてしまう、というのはちょっと悲しい。

フィルムの値段の上昇

去年の散財の一方で、この数年、フィルム価格の高騰はなかなかにエグいものがあります。

私は安くカラーフィルムを入手していると言いましたが、去年の相場からすでに全体的に100〜200円程度上がっています。

現在、カラーフィルムでも500円台では入手できないでしょう(36枚撮りのみ考慮)。一時期500円だったものが最近は650円〜あたり。ISO400で常用しているUltraMax400など、一時は650円で入手していたのに現在は850円〜あたり。ちなみにこのフィルムは量販店だと1500円程度で売られています(笑)。まだ安く入手する方法はあるものの、この1年だけみてもフィルムのコスト増は、尋常ではない。なんか経済がおかしくなってるのかと思うくらい。そんな流れから、フィルムXデーがくるのかな?と漠然と不安を抱えていました。コストはかかれど、ここで全部やめてしまうのはやはり悲しい。

フィルム供給はしばらく続くと思えど

そこで機材を最小限にした上で、写りも満足いくものを!そんなときに思いつくのはいつもこのカメラだった。

「Rollei 35S(ローライ35S)」を購入しました。前置き長い!

【あす楽】 【中古】 《良品》 Rollei ローライ 35クラシック 【ドイツ製 希少なチタンカラーが入荷しました!】【ファインダー清掃/スローシャッター作動調整/各部点検済】

え、あれ、お前、前もこれもってなかったっけ?

・・・・えへへへ(*´∀`*)・・(笑)

もう何台買ったのかわかりません(笑)・・・あとこれ買うたびに合わせて関東カメラさんの電池変換アダプターも買わないといけないわけで(笑)、毎回手放すなよと思いますがw、それも何回目かわかりません。

自分でもクレイジーだなと思いますが、クレイジーついでに言いますと、このローライ、ブラックですが、これの前に同じ機種のシルバーも購入していました(笑)。どうしても今回はよい個体を入手したかったので、最初シルバーを手に入れましたが、機能は問題なかったものの、レンズが曇っており個人的にはNG。そして買い直したのがこのブラックでした。あたおかですね。

外観の傷も少なめで機能も十分、レンズは少しのチリはあるものの許容範囲、露出計もバッチリ動作している。巻き上げもスムーズ。そして写りもとてもよい。実はライカ以外のカメラを選ぶとしたら、自分の中ではこのローライ35Sが一番よいと考えています。コンパクトでよく写る。

以前、フィルムライカとローライ35Sを併用していた時期があるのですが、たまにライカよりよい写りをして困ることもありました。きちんと晴れていて光と影が明確に出ているときであれば、このカメラは非常にいい写りをします。無印の35の方はF値が3.5で、コントラストが高くモノクロでいい味を出すと言われています。こちらの35SはF値が2.8で、コーティングの影響か、カラーでとてもいい写りをする。もちろんモノクロもとてもよい。

ご承知のようにRollei 35Sは距離計がないカメラですが、いままでさんざんフィルムカメラをいじってきた私をなめてはいけない。最近ではデジタルライカですらノーファインダーで撮影することが多い。これまで培った距離感とサニー16の法則で十分乗り切れる。現に最近とったもの、近距離のものもありますが、大きくピントを外したものはありません。これは勝てる。

現在、家庭内はまぁいろいろとあるタイミングですが、しばらくはフィルム撮影はこのカメラで対応していこうと思います。ほそぼそとね。まだ昨年買っておいた現像液やフィルムも残ってますし、もう少しだけ。でも子供が生まれたら、薬品管理が難しくなるなぁと思います。まだ歩くようになるまでは大丈夫かなとも思いますが。


Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック


Kodak カラーネガティブフィルム プロフェッショナル用 35mm ポートラ400 36枚 5本パック 6031678


コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック