私とライカとSummilux

おそらく、私はかなり危うい道を歩いている。

ちょっと前に書いた記事では、家庭の事情もあり、もう高いライカボディやらライカレンズやらは買えないと言った。そして最後の最後にこれだけは許してって感じでM10-Pを購入し、これで生まれてくる子供を撮るぞと息巻いていた。いまでも値段思い出すと胃が痛くなる・・・。そんな無理して買うなよ、は最高の正解ではあるが、正直ちょっとがんばれば買えてしまう程度には中堅サラリーマンをやっている。まだかろうじて子供の誕生前でもあるのでなんとか購入可能だったのもある意味不幸だ。一方で喜ばしいことに子供は順調に育っており、秋には誕生するのである。おそらくもうカメラがどうした、レンズがどうした、などとやっている余裕はないのであろう。

少しさかのぼって4月のこと。

フォクトレンダーレンズを装着したM10-Pと共に、諸用にて九州まででかけた。情勢を考慮して、そんな派手に出歩いたわけではないが、家族の用事で多少は外出したし、それなりに観光はできた。まぁせっかくきたのだからと、密は避けつつ、歩いた場所は写真を撮ってまわった。

変な撮り方をするつもりは無いが、やはり静音性の高いM10-Pは非常に使いやすい。シャッターはほとんど無音だし、撮れる絵もまさにライカの陰影。地方のバスや電車の中からも風景を撮った。やっぱりライカで撮っている。それもデジタル。この質感、この重さ。これに魅了されると人生を持ち崩すことになる、そう私のようにね(往年の洋画スターのような表情で)。とはいえ、心の隅のほんの小さな部分ではあるが、正直やっぱりライカレンズで撮りたかったなという気持ちがないでもなかったが、それでもフォクトレンダーのレンズは非常に写りがいい。使い勝手もサイズ感もとてもいい、まったく問題ない、とても気に入って使っていた。

Leica M10-P + Voigtlander 35mm f1.2 III
created by Rinker
¥743,940 (2021/08/04 23:33:38時点 楽天市場調べ-詳細)

そこから2ヶ月ほど経つわけだけど、私の手元にはM10-Pはない。自分でも流石にちょっと頭がおかしいなと思います。じゃぁM10-Pがどうなったかというと、「ライカQ2(Leica Q2)」を購入しました。

Leica Q2

自分でも引いてしまうのだけれど、一応の(非合理な)合理性はそこにあって、その一方で確かにフォクトレンダーレンズ1本分程度のお金の捻出が必要になったという理由もあった。とても悩ましい判断をしなければならなかった。自分を説得するための考え方はこうだ。要するに、子供が生まれてくれば移動するにも抱っこするなり、ベビーカーなりで動きにくい、夫婦で移動しててもおそらく写真など撮ってる暇があるわけがない、それであれば、AF付きのライカレンズ+ライカボディがセットになったライカQ2、それもM10-Pボディを手放すことでほとんどそのまま等価交換できる機材、これを手に入れるのはある意味正解だろうと・・・。

なるほど確かに、と自分でも思う。

ただし人間は、必ずしも合理的な解答に納得するわけではありません。ここからが本当の狂気なわけですが、実はすでにライカQ2は手元にありません。(お前、ほんとに狂ってるな・・・普通に引くわ・・)。

ライカQ2の利点を上げるのはもはや無粋というものですが、確かにあのサイズ感で、しかもまったく手抜きのない28mm Summiluxレンズと5000万画素近くの最新のセンサーがついて、その上ライカでマクロ撮影、AFもついている・・・その上、ボディの作りもよく、廉価版な感じがしないさすがの作りの良さ、高額でありながらヒット商品になったのはうなずけます。

ライカQ2を多くの有名カメラマンやガジェット系タレントが絶賛するのはとてもよくわかる。まったくスキがない。M型ライカに抱いているちょっとした不便を、Qシリーズはとてもよく埋めてくれています。いろいろ調べましたが、どこへいっても絶賛ですし、その理由も痛いほどよくわかる。私も同感だからです。

ただし、それは他にM型ライカをデジタルもフィルムも持っていた上で、ライカQ2を持っていることが前提になるような気がしました。普段、M10やフィルムのMPで撮影してて、だけれども、今回の旅行は身軽に行きたいからQ2もってこうかな、とか、今日は友人とちょっとした集まりだけど、M型もいいけど、夜の室内だし気軽にQ2でいいかな、とか。

私は幸運にも、フィルムMのボディ数種、デジタルのM-P、M10、M10-Pなど、まぁおよそ普通のサラリーマンが持つにはちょっと贅沢すぎない?と思われる分不相応なものを入手して一通り体験してしまっているので、ライカQ2を持たされても、もはや普通のデジカメでしかない。デジMのあの重さ、ある種の使いづらさも愛おしい、そしてそれ以上にフィルムMのあのシャッターフィールが恋しい。もうこれは病(やまい)の類だと思います。末期だし、病の完成形でもある。

しばらくはライカQ2でとても満足していました。シャッターの静音性、かなりの高解像度、レンズも大好きなSummilux、そしてボディがかなり軽いので普段の持ち歩きがとても楽でした。いざとなれば動画も取れる。バッテリー持ちもよいし・・・。それにクロップ機能も使い所で楽しい機能です。

ところがある日、自分の心の内に正直になってみる必要があるのではないかと思いました(←こういうところが頭おかしい気もしている)。なんだか満たされない(頭おかしいからw)。でも、わかってる、秋には子供が生まれるし、大きな機材は使えないし、アレコレ持ってたって使えない、それにAFないと子供連れでスナップなんてできないよ・・・それもわかってる、全部わかってる・・・。

自分は一番いい選択をしてる。

・・・でも、同じ子供を撮るにしても、なんとなく消費される写真じゃなくて、残る写真が撮りたい。20年、30年たったとき、俺の息子が、「親父がいい加減だったからそこまで裕福じゃなかったけど、不相応な高いカメラで俺のこと撮ってたっけ、フィルム現像まで自分でやって、随分面倒なことまで自分でやってたな、趣味はいいけど変わった親父だったな」とか、俺は息子にそんな風に思われるのかな、おそらく、そう思われたいと思っている。

何も残せやしない、人並みのものも、世間的な評価としても、何かを残せる人間じゃない。デジタルが残らないとも思わない、けどやっぱり自分はフィルムなんだと思った。理由を考えて、幼少期はフィルムが主流でその記憶があるからとか、自分が天の邪鬼だからすぐ人と違ったことしたがるとか、いろいろ考えるんだけど、

俺、フィルムで写真残したいのよ。

もう理屈でもないし、ただのわがまま、ただのブランド好きって言われても仕方ない、さんざん高いライカレンズ隠れて買って、それでも時々満足できないこともあって、やっぱデジタルの方がきれいだしなとも思ったけど、過去の写真見直してたら、たまにすごくいい写りしてるんだよ。フィルムとライカレンズ。人物は本当に限られた人しか撮らないけど、人生でほとんど唯一、親連れて旅行にいったときに旅館の部屋でライカM4のセルフタイマーで撮ったやつ、嫁と俺とオカンで3人並んでる写真とか、嫁の妹の息子さんみにいったとき、旦那さんが抱いてる写真とか、別に展示するようなもんではないけど、ぜんぜん違うんだよ。iPhoneのがきれいに写るのは自明なんだけど、それでもぜんぜん違う。

それで、俺は、これは性(さが)とか業(ごう)とかなのかもしれないけど、「ライカM4(Leica M4)+Summilux 35mm f1.4 球面/2nd」を入手しました。(えぇ!ww)え?あたま?おかしいよ?それが?

Leica M4 + Summilux 35mm f1.4 球面

結局、ここへ戻ってきました。

ボディはライカM4一択、もしくは次点でM2あたりで考えていたけど(35mmメインなので)、レンズは悩みました。汎用性を考えるとSummicron 35mmだけど、もう一度使ってみたい7枚玉は現在高騰している。しすぎだと思う、せいぜい25万がいいところだと思う。かといって、自分が大好きなSummilux 50mm ASPHは運良ければ30万くらいで入手できるが、50mmである点と、店舗だとまだ高い。ちなみにもう1本好きなルクス50mmの2ndも値上がり過ぎ。一方、旧ASPHのSummicron 35mmが一番適度なのはわかってるんだけど、最近ちょっと値段が上がっているのと、最後にこの旧ASPHの美品を使ってたのが半年くらい前なんだけど、実は写りは普通だなと思ってなんとなく複雑な気持ちだった。いやぜんぜん良いと思ってる、個人的にも一番好きなレンズだし、使い勝手がよいのもわかってる。自慢じゃないがズミクロン35mmは新旧ASPHも7枚玉も使ってるので、軽さなら7枚玉、うつりなら新ASPH、両方のいいとこ取りは旧ASPH。ズミ35mmは普通によく写るのがいい。だけど、今回、おそらく人生で最後?になるかな?そこは断言できないけどw(ほんとになw)、最後に自分が本当に気に入って長く使えるものを、と考えたとき、自分としてはこのクセ玉で有名な、そして不相応に値段が上がってしまっている、球面Summilux 35mmを選択しました。まさか人生で2回もこのレンズ手に入れることになるとはね・・・。自分の中の勝手なジンクスですが、私が2回手に入れた機材は「本当に良いモノ」というね(笑)。ちなみにライカM4は3台目です、どや。

今回重視していたのはとにかく軽さ。そのためズミクロンと悩んでいた。今度こそラフに気取らず使いまわそうと思っているので美品でなくてもいい。でも十分に写る、そんな組み合わせ。一瞬、値段も安いしElmar 35mm f3.5でもいいかなとも思ったけど、これも3ヶ月くらい前まで状態の良いものを持っていて経験済みで、おそらくスナップレンズとしては最高の選択の1つと理解している。しかしそれは他の常用レンズを数本持っていた上での話、とも理解している。唯一所有するメインレンズとしては心もとない。軽くて小型で・・・それでいて天邪鬼なもの、となったとき、球面Summiluxしかないじゃない?

しかしライカM4+球面ルクスの組み合わせは最高にクールだと思っている。自分がクールではないことはわかった上で。球面ルクスは最近もっとも値上がりが激しいレンズの一つ。しかしこのタイミングでメンテ済みで安価なものに出会ってしまった。私はこれまでの経緯から、オールドのライカレンズはお宝の取り合いなのだと明確に理解しているので、即断即決。おそらくあの値段でこのレンズを手に入れた最後の日本人だと自負しています。安かった理由はあれどレンズをみて、写りに影響がないと判断しました。ほか動作もまったく問題なし。メンテしたのが、以前からよく知っている信頼できるお店だったのも判断材料。掘り出し物だなと思いました。実は元々はこのレンズだけ手に入れる予定だったのですが、その場にあるM3、M2などを何台か触らせてもらっていて、そこに1台だけM4があるのに気づきました。おそらく状態は並品でしたが、これもレンズと同じ店で動作確認済みのもの。外観は傷多めで、これまで手にしてきたボディよりは古ぼけて見える。使い倒すにはこういうのがいいのかな・・・と思って手にとって空シャッターを切ったとき、巻き上げの感触がかなりスムーズでシャッター音がとても良かった。ファインダーの汚れは多少あるものの、これは・・・。そこでピンときて一緒に購入。M4と球面ルクスを同時買いという・・・。何やってんだと思いますよ、ほんとに。

ちなみにこのシャッターフィール、私はニヤリとしました、同じ店で半年前にライカM4をフルOHして使っていましたので。あの感触の良さは手に残っています。定かではないですが、Sブレーキくらいちょっとした調整くらいはしてるんじゃないかなと思いました。動作がスムーズでした。外観から過去に何度かメンテが入っているのは明らかですし、まぁ使われてきた機材の方がこなれてて使いやすいなと。

いまは入手してしばらくたっていますが、レンズの写りもいいし、M4の動作もスムーズでとてもよい状態です。M4は持病のシャッター幕外れがトラウマですが、おそらく過去にそれは経験済みの機体ではないかと思います。そうであれば、まだしばらくは起きないのかなと。

ここからは余談。購入時、それまであまり触ったことなかったM3を何台か触らせてもらいました。その中に有名店「Y」でメンテナンスしたM3があり、店員にすすめられて触りましたが、巻き上げのスムーズさが段違い。なにあれ?すっごいクリーミーな巻き上げ動作でした。20万円台半ばと、相場よりは少し高いですが、あれは一度は触ってみていただきたい。

あと最後に余談。ライカQ2、なんで手放したかですが、使い勝手とか写りは言わずもがな最高なんだけど、まぁデジタルなので、壊れたらアウトだなと思いました。モノはいつか壊れるんだけど、大事に使えばいいじゃんとも思うんだけど、やっぱりラフに扱って壊れにくそうなのはフィルムMって思いました。まぁ出世してまた買えばいいのよ、こんなもんは。やったるわい。

created by Rinker
¥743,940 (2021/08/04 23:33:38時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥355,300 (2021/08/04 17:19:08時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的な記憶とNOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM 作例

さて、ボディは一段落ついているわけですが(まったく落ちついてないw)、久々にレンズのお話でも。

Voigtlander(フォクトレンダー)レンズについてです。日本のコシナ製レンズなのですが、ライカMマウントのレンズを高クオリティで生産してくださっているメーカーです。ライカを使用しているユーザーには馴染み深いメーカーですし、最近はソニーEマウント向けにも高性能なレンズを供給してくれています。自分はライカメインで使用してきたので主にMマウントしか語れないのですが、非常に信頼性の高いメーカーであり、ライカーユーザーにとってはそれと反対に複雑な気持ちも抱きがちなメーカーでもあります。

個人的にはコシナさんとの付き合いは、Nikon Fマウントの58mmF1.4レンズまでさかのぼります。私がNikonを使用するのは今となっては意外ですが、一番最初に買ったデジタル一眼はNikon D5300でした。今から思うとど真ん中のエントリー機なわけですが、写真をはじめたいなと思った頃、カメラにもそれほど詳しくなく、ある程度調べて良さそうなものがこれでした。値段的にもギリギリ自分でも購入できるラインで、レンズキット、おそらく・・・「18-140 VR レンズキット」あたりかなと思うのですが。それほど極端な望遠(300とか)にしてなかったと思うので。物心ついて、というには年齢がかなり行っていましたが、自分の意思できちんとしたカメラを買うのははじめてでした。そのすぐ後で、単焦点レンズというのが高性能で写りがよいということを知り購入したのが、この58mmF1.4レンズでした。確か中野の某店舗で買いましたね。はじめての単焦点ということで、ボケの良さに感動して、色々撮っていました。このときの経験からコシナ製レンズへの信頼感は醸成されていました。

その後すぐにフィルム沼、ライカ沼に入ってしまい、デジタルではしばらくオールマイティーに使えるソニーのα7IIを使用していたのでそれ以降Nikon機を使う機会は未だに訪れていません。

さて本題のフォクトレンダーレンズですが、その後、最初のライカM6(ブラックのTTL)を入手したとき、Nokton 35mm F1.4(旧版)を手に入れて使っていました。このレンズ、当時もかなり人気のレンズでしたし、サードパーティ製のライカ向けレンズとしてはかなりクオリティの高い製品でしたが、今となっては旧バージョンとなっており、後で知りましたがフォーカスシフトなどもあって、今から思えば値段なりのもののようです。とはいえ、当時、このレンズで撮った写真に個人的に気に入っている写真が多く、よくある話かもしれませんが、素人のビギナーズラック的なショットがたくさんあります。今はこの頃のようには撮れないのかもしれません。話が前後しますが、この35mmの前に、旧バージョンのL39マウントのNokton 50mm F1.5も入手していました。これは新宿の地下にあるお店で買ったのをよく覚えています。はじめてあのお店で買ったものです。これがまた非常によく写った。ボケの綺麗さ、作りの良さ、とてもよかった。この2本のレンズがさらに私のコシナへの信頼感を高めてくれました。

その後、本物のライカレンズ沼にどっぷり浸かってしまい、しばらくコシナ製レンズから離れてしまいました。冒頭で、ライカユーザーが少し複雑な気持ちを持っていると述べましたがこのあたりについてです。ライカは伝統もありますし、多くの伝説もあるメーカーです。それに値段の高さから素人は手に入れにくいですし、本物のプロが好んで使用していたり、アマチュアのカメラ好きの心をくすぐる側面が多くありますが、コシナ製レンズはそうなると廉価なサードパーティの位置にどうしても据えられてしまう。自分も当時は、やっぱり本物がほしい・・・ということで、躍起になって無理をしてライカレンズを手に入れていました。まぁここで哲学的な方向にいってしまうほど若くはありませんが、ここで言う「本物」ってなんだ?とは正直思います。ライカレンズの値段の高さやクオリティは、ある程度経験してきてわかっているつもりです。撮れる写真にある程度違いを感じることもわかっていますが、それと何をどう撮るか、撮ったあとの処理をどうするか、撮った作品(自分で撮ったものは自分の中では作品でしょう)をどう提示するかはまた違う話だとも思います。そういう意味では全然話かわってしまいそうですが、森山大道さんとか、カメラなんか写ればなんでもいいよと言ってしまうかっこよさもわかります。そういう意味ではライカにも賛否ありますし、否定するとなんとなく貧乏人の僻みにも聞こえてしまう。この歳になって、こういうのは人の意見はまったく当てにならないと思うようになりました。あくまで自分です。その行為、撮るという行為をする自分、それだけが必要なのだと思いました。

話が横道にそれました。そんなこんなで、さんざんライカレンズを入手しては妻に苦労を(本人に自覚はないと思いますが)かけてきた私が最後に選んだのはこのレンズでした。

「Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical III VM」

入手前に個人的に考慮したいポイントは何かと考えました。よく写ること、35mmであること、作りがよいこと、リーズナブルであること、そして明るいレンズであること。そしてもう1点、コンパクトであること。なかなかに贅沢な注文かもしれませんが、それに一番マッチしていたのがこのレンズでした。

いまこのレンズを検討されている方がいるとしたら、私が上記にあげたポイントとほとんど同じようなことを考えていらっしゃると思います。おそらくある程度、それは叶えられるのではないかと、使ってみた実感から思います。

最後にコンパクトという点をあげましたが、とはいえ、ライカの例えばM10-Pなどで使えば、レンズ本体が332gということで結果的には1kg程度にはなりますので、ずっしりした感じはあります。300g台としては純正レンズであればSummilux 50mm ASPHあたりもこれくらいの重さなので、お持ちの方はイメージできるかもしれません。銅鏡サイズはLux 50mmよりは少し太め。これは人によるかもしれませんが、コシナレンズのデザインはとても洗練されていますし、リング操作がとてもしやすいため、この少し太めなサイズがちょうど操作しやすい気がします。まぁデザインはともかくサイズは光学性能とセットで検討されるべき部分だと思うので、これが現時点での答え、ということなのでしょう。

ちなみに旧バージョンの第2世代との違いは公式の説明だと以下になります。「(旧製品/第2世代から)定評ある光学性能はそのままに、全長は約20%減の50.5mm、重量は約30%減の332gとコンパクト化を実現」

写りについては、とても素直によく写るレンズだということ。こう書いてしまうと凡庸とも受け取られかねないのですが、それは違う。ライカレンズのめんどくさいところは、変なクセがあったらあったで、それが個性として確立してしまう点ですが、そういった変なクセは少なく、素直に写るという点がとてもよい。レンズにそれ以上、何を求めるのかです。よく言われるように日中にF1.2の開放を使う場面はそれほど多くありません。ちょっと薄暗い場所などでうまく使えるかなという程度。個人的には夜の散歩で使う場合は、F1.2のシャッタースピードを60固定で近所を撮っていましたが、かなりよく写ります。昼間だとふわっとした感じにはなりますが、露出がマッチしていればF1.2でもかなりシャープ。絞ればやはりシャープに素直によく写ります。私はフィルムをメインにしていた期間もあるため、デジタルでも昼は絞って撮るクセがついているのですが、それで駄目だと思ったことはありませんでした。

まぁ35mmでこの性能なので、フォトヨドバシさんとか、マップカメラさんのこのレンズのレビュー記事などでも記載がありますが、フリンジは多少でるわけです。しかし私はライカではDNG保存のみの設定にしており、jpg撮って出しはしていなかったため、Lightroomで低減させることができますし、どのレンズでも多少でるものなので、大きなデメリットにはならないでしょう。私はライカM10-Pで使っていましたが、まさかjpg撮って出しで写真撮ろうとか思っていませんよね?少し挑発的でしたでしょうか、申し訳ありません。デジタルのM型ライカではjpgは少しきびしい気がしています。面倒でもデジタル現像をした方がいいと思われます。フィルムでも自分で現像していたので、その手間を考えるとなんてことない。


コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

この35mmF1.2レンズを一時期、フィルムでも使っていましたが、フィルムも素直で使い勝手がよかったです。フォクトレンダーレンズは色の出方が素直なので、そういう意味ではオールマイティーで、そこに価値を見出せれば、変にクセのある高いレンズを買う必要はないように思います。Summicron 35mmとかも高性能ですけど、撮ってしまえば普通に写るレンズ、という感じですし・・。

ちょっと散漫とした内容になってしまって申し訳ないですが、自分がこのレンズに期待していたのは、F1.2という明るさは夜撮影でも耐えられることを想定して、昼間は絞って目の前の風景を冷静に切り取りたかった。それをきちんと叶えてくれたので、自分にとってはこのレンズはとてもスタンダードだと思いました。

以下、作例を掲載します。夜のショットはほぼF1.2か1.4あたり、かなりシャープです。昼はだいたいF5.6、F8、たまにF4あたりとか、薄暗いとF2.8あたりかなと。昼でも木陰の桜などを撮るときはF1.2とかで撮りましたが、背景ボケとかかなり美しく自然です。

以下にいくつか個別に写真を配置します。上の例も含めて一部飛行機での写真などは先日、私用で九州へ伺った際のもの。旅行などでも取り回しやすかったです。あと、そうそう、これをお伝えしなければ。このレンズ、最短が50cmであり、ライカの70cmより短く設定されています。ただしライカは70までしか対応していないので、ライブビューなどを使って50cmまで寄ることができます。そういった点もメリットかもしれません。(寄った作例は無いわけですがw)

created by Rinker
¥743,940 (2021/08/04 23:33:38時点 楽天市場調べ-詳細)