「写ルンです」のカラーネガ自家現像

久々に触った写ルンです

以前、九州に旅行した際に、カメラや写真にまったく関心のない妻(スマホで食事や景色を撮る程度)が写ルンですを購入しました。
最初は面白がって撮影していましたが、27枚撮りで10数枚撮ったところで関心が薄れ(笑)、使い切らずにいました。
あれから数年(といっても2、3年)、レジャーのたびに「使い切ろうか」といいつつ持っていくのを忘れ、自宅のガラクタ入れにそのままになっていました。

一方で、カラーネガの自家現像に取り組んでいる私は、なんとなく内容が気になっていました。そこで、残りの数枚を撮ってしまって、現像してみることに・・。

created by Rinker
富士フイルム
¥1,890 (2021/11/28 17:58:43時点 Amazon調べ-詳細)

写ルンですの分解

写ルンですの構造がまずわからないので、一番のポイントはまさかフィルムがむき出しで筐体に入っているかもしれない点。その点がちょっと恐怖でした。そしたらやっぱりいらっしゃるんですね、分解する方。その分解方法をさらっと学習した上で、自分も分解してみることにしました。

どうやら中にパトローネが入っており、そこに普通のフィルム写真と同様にフィルムが収まっているようです。それで遠慮なく分解、というか破壊。

本体裏側のシールを破くとフラッシュ用の電池室が。
電池蓋をこじ開けます

写ルンですの本体は、構造的にフィルムを入れ替えての2度使いはきびしいようです。
というのも電池室の蓋もフィルム室も本体のプラスチックを壊さないと取り出せないようになっているためです。また、最初に電池を取り出すのですが、古いオートフォーカスとかのカメラもそうですが、電池を抜いてからでないとフラッシュ部分の基盤が指に触れたときに感電します。結構痛いですよ。(以前、FUJIFILM TIARAか、CANONのか、コンパクトカメラ分解したとき感電してイラっとしてたら、また感電してコントみたいになったことあります、けっこう指痛いです。)※電池抜いても基盤にメモリ用の電気が蓄積されているものもあるので基盤はなるべく触れない方がいいかと思います。

電池の取り出しに成功

写ルンですのフィルム

次に写ルンですのフィルムを取り出します。当然ですが、フィルムはすべて使い切ってあることを確認してから分解しましょう。写ルンですは構造上、元々パトローネからフィルムがすべて出た状態で売られていて、1枚撮影するごとに巻き戻してパトローネに収まっていく仕組みになっています。最後まで使い切れば、そのままパトローネにすべて撮影フィルムが収まるイメージ。

電池室の横にフィルム室がある(当然か・・)

ここも結局はプラスチックを破壊しないとフィルムが取り出せないので、写ルンですの2度使いはできなそうです。

中からフィルムを取り出す
ISO400の27枚撮り、白いパトローネが新鮮
フィルム室の中はこんな感じ
反対側も破壊、空洞でした

フィルムを現像してみた

取り出したフィルムを現像してみました。ここから先は通常の手順通り。このあたりの手順とか、いつかまとめたいなと・・。

フィルムのベロ出し
現像タンクの中へ(パターソン使いやすいです)
created by Rinker
¥7,489 (2021/11/28 06:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

現像工程は面倒なので、いや若干テーマからそれるので割愛しまして、以下、現像したフィルムです。
少し暗いですが一応形にはなりました。当時、若干曇っていたのとちょっと現像しくじったかもしれません(1枚めの桜島は夕方17時過ぎだったので暗い、滝も雨降りでしたし、たんぽぽも夕方でした、そのあたりは写ルンですの限界かと。昔はISO800とか1600のも売られていました、今はありません)。現像時思ったのは8分浴だとちょっと足りなかったかなという感じ、9分くらいでやればよかった。このあたりは試行錯誤中。他の写真は人物が写っているので出しませんが、明るいとこで撮ったものはわりとそれなりに写っていました。

原始的な仕組みですが、写ルンですはよくできています。これでかなりきれいな写真、というか作品を撮られてる方もいらっしゃいますし、あなどれません。
今回、分解の要領がわかったので、今度どっかへ行ったときも写ルンですをサブで使ってみようかと思いました(感想文レベル・・・)。




created by Rinker
¥3,979 (2021/11/28 04:46:03時点 楽天市場調べ-詳細)