ライカレンズ「Summicron」遍歴その1

現在、ライカボディについては落ち着いており(ぜんぜん落ち着いてないw)、ライカレンズについても記載していこうと思います。

ライカレンズは数も多いし、値段もアレなので、自分が触れたことがある、ごく一部のものを思い出とともに振り返ろうという趣旨です。短期間で手元から去っていくものもあるため(笑)、使用レビューというわけではなく、気の向くままの記述ですのでご容赦を。

ライカレンズの定番といえばSummicron。私も最初に手に入れたのはエルマー50mm/f3.5でしたが、次に入手したのは沈胴Summicron 50mm/f2でした。おそらくこのあたりは入門としてどなたも通る道ではないでしょうか。過去に入手したSummicronを順に記載しますと以下のような感じです。

・沈胴Summicron 50mm①
・沈胴Summicron 50mm②
・Summicron 50mm 3rd
・Summicron 50mm 2nd
・Summicron 35mm 7枚玉
・Summicron 35mm 現行ASPH(フードねじ込み)
・Summicron 50mm 4th現行(フード組み込み)

正直、値段のことは考えたくないですが、やっぱりSummicronのシャープで万能な写りはどうしても手元に1本持っておきたいレンズではあります。今はすべて手放してしまいましたが(真逆のことを言うスタイルw)、そのうち落ち着いたらまた入手したいです。

とりあえず歴代レンズについて上から順に思いの丈をぶつけていこうかと思いますが、その前に身の丈を考えたいですw。

沈胴Summicron 50mmその1

最初に手に入れたライカレンズは沈胴のSummicron 50mm。中の下くらいの実用品のニュアンスでオークションに出ていたものを、今考えれば格安で落札した。オークションには慣れていなかったが、何度か経験するうちに当たりはずれの博打的な側面に惹かれてしまった。この頃から文面や画像から読み取れる情報でプロファイルを行い、いかに当たりを引くか、そこに快感を見出すようになっていた。いつの頃からかこんなことばかり繰り返すようになっていった。格安ではあったが「実用品」ということで何も考えていなかったが、届いたものは絞りにガタがあり、外観は比較的きれいな状態、レンズ内のチリも許容範囲のものだった。ただしレンズ後玉の周辺に大きな引っかき傷があった。おそらく素人によって清掃されたことがある個体だった。状況からそう思った。失敗したかなと思いつつ、当時SONY α7IIにアダプターをつけて試写を行う。それが不思議と傷の影響はまったくなく、出品者のいうように実用はできた。本領を知ったのはα7IIで撮った以下の写真をみてから。


【あす楽】 【中古】 《並品》 Leica ズミクロン L50mm F2 (沈胴) [ Lens | 交換レンズ ]

その解像度に驚いた。退屈しつつ街を徘徊して学芸大学駅で撮ったもの。ホームの明かり、街の灯りがあるものの、夜間の町並みを撮っても、かなり遠くの人や看板までシャープに撮影できている。α7IIの高感度が強いといっても、数十年前のレンズでここまでシャープに写るのが不思議だった。
その後、昼間の公園で撮影したものも。明るい場所で開放だとオールドレンズ特有のグルグルぼけが出るものの、色やシャープさは損なわれていない。これがライカレンズか・・。この時点で50年以上前のレンズ。ちょうどその頃、ミラーレス機がヒットし、オールドレンズに関する書籍もでてき始めており、レンズマウント遊びが流行りつつあった。なるほど、これは面白い。レンズ遊びの楽しさを体感しました。

ちょうどこの頃、フィルムではM6、M5を所持していたため、フィルムでの描写も試しました。以下、ライカM5での写真。どことなくしっとりした写真になった。自分の腕前がどうというのは一旦脇へ置くとしても、この独特のシャープかつシルキーなイメージにとても感銘を受けた。

またライカM6(ブラック)での写真。神宮外苑などに持参しての撮影。ここには載せていないが、逆光で神宮球場を撮ったら六角形の光芒がくっきりでたものもあった。とはいえ、露出がぴったりあうと、なんともいえないコントラストで風景を切り取ってくれる。

その後、このレンズは実用にこそ問題はなかったものの、ガタとレンズ傷がどうしても気になり手放してしまった。これくらいの値段ならすぐにもっと質のいいものを手に入れてやると考えてしまった。そのすぐあとで同じレンズでハズレを引くとは思わずに。

沈胴Summicron 50mmその2

前述のようにハズレを引いた1本。私はガタとレンズ傷のないSummicronを手に入れてやろうと焦って判断を誤りました。前回同様に並の実用品と言われているSummicronを入手。外観はきれい、ガタも問題ない程度、レンズ面も目視ではきれい、傷もない。しかしこの頃はレンズ確認にライトを照らしての確認方法を知らなかった。レンズはかなり曇っていた。
以下のように撮れた写真は薄い霧に包まれたようにふわっとしている。いまみるとふわっとしていて、これはこれで表現とも言えなくはない。

しかし当時の自分にはこれを個性といってしまえるほどの度量はなかった。他にいくつものレンズを所持していたわけではなかったため、メンテナンスに出せばおそらく実用品になる想定もありましたが、追加投資の余裕もなく放出しました。

Summicron 50mm 3rd(第3世代)

昨今、SNSやネットでの情報をみてライカレンズに手を出す人は多いですが、その沼は広く、深い。一度、ライカレンズの独特な描写、色彩、シャープさに魅せられてしまうと、奇妙な衝動が湧いてきて、身を持ち崩すことも。この頃から私も金銭感覚は二の次になっていました。

どうしてもSummicronの描写が忘れられない私は、更によいものを入手しようとしました。第三世代Summicron、ニュージェネレーションレンズ。第2世代よりコントラストが高く色の出方も鮮明で、いまでも通用する描写。状態のよいものはそれなりの値段だがすでにそこはどうでもよかった。衝動的に手に入れたSummicron 3rdは外観も美品、レンズ面もきれい、チリも最小限、とても状態のよいものでした。フードや前後キャップも純正で付属。はじめて持ったライカ特有の黒い銅鏡のレンズでした。ホンモノを手に入れた気がした。ここで前回の失敗を踏まえライトを照らしてレンズを確認、後玉の周辺に若干の曇りがあったが、実際は描写にまったく影響なく実用十分。ここで曇りの状態と描写への影響がどの程度か一つの感覚を得ました。

旅行にも持っていきました。主にM6につけてフィルム、たまにα7IIでデジタル撮影。この頃、他には同じF値のカールツァイスの50mm/F2、初めて手に入れた35mmのVoigtlander 35mm/F1.4(SC)も所持していました。そのためSummicronで撮影した写真が相対的に少ないのですが、驚いたのは夜の名古屋で電波塔を撮ったもの。SONYカメラの高感度耐性にもよるが、鉄骨のフレームが恐ろしくシャープに写っている。このレンズの本領をみた気がする。その後、レンズをはじめてメンテナンスへ出すことにし、状態がさらに良くなった。この経験からどうしてもデジタルライカでの撮影が試したくなり、家族に相談、ライカM-P Typ240の購入の契機になった(これがさらなる破滅の道なのですが)。

以下は当時所持していたライカM6(ブラック)での作例。岐阜へ旅行した際にとったもの。比較的暗い室内でもシャープで、とても空気感のある写真が撮れた。

以前ライカM-Pを入手した経緯で記載したが、上記の岐阜旅行の帰りにどうしてもデジタルが欲しくなり、家族に交渉してM-Pを手に入れた。近所を中心に色々持ち出して試し撮りしたもの。M-P購入当初はライカレンズはこのSummicron 3rdのみだったため、初期はこのレンズでの撮影が多かった(その後、別のレンズをメインとしていく)。デジタルライカで撮ると、ボディがTyp240ということもあり、とてもよいコントラストが出る(気がする・・・腕前はともかく)。おそらくSummicronのよさは、この頃から現行の4thまで大きくは変わっていないと思われる(仕様も確か変更はないはず)。

しかしその後の生活で、奇妙な感覚を覚えた。SummicronのF2、カールツァイスのF2・・・50mmレンズはスナップ向きだし、自分の感性にも合っていて好んで使っていましたが、F2の50mmが2本あることが私を落ち着かなくさせた(この辺りが気がくるっている)。カールツァイスも写りはとてもよく、銅鏡の作りもきれいで、レンズとしては全く問題がない、とても優等生なレンズ。とはいえ、ほぼO.H.から戻ったSummicronと比べてしまうと、そこまでの面白みがあるわけでもなく、カール・ツァイスをあえなく放出してしまいました。だが私はこのあと、さらに奇妙な行動を取ることになる。(Summicron 3rdはしばらく所持していました)

ライカレンズ「Summicron」遍歴その2へ続きます。
11/6 ライカレンズ「Summicron」遍歴その3を公開しました。


【あす楽】 【中古】 《並品》 Leica ズミクロン L50mm F2 (沈胴) [ Lens | 交換レンズ ]



created by Rinker
¥254,100 (2021/11/28 08:38:34時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥229,818 (2021/11/28 08:02:31時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です