ライカレンズ「Summicron」遍歴その3

Leica M4 + Summicron 35mm f2 ASPH.

僕らのSummicron遍歴の続きになります。過去の記事は以下になります。

ライカレンズ「Summicron」遍歴その1
ライカレンズ「Summicron」遍歴その2

えー、Summicron 35mm ASPH.を入手しました。今回は旧バージョンのASPHになりますので、フードがプラ製のはめ込み式のものになります。

いま50mmはSummilux ASPH.を使用しており、このルクス50asphとクロン35asphのコンビは、ちょうど1年ほど前に所持していたレンズ構成に戻ってきた感じです。戻ってきたというのもルクス50asphも当時とは別の、同じ、レンズですので(笑)、いろんな遍歴を経てまた一周してきた感じになります。緊張の連続でした(謎)。何、やってるんだろう・・・。

今回入手したクロンは旧ASPH

といっても当時のクロン35asphは、現行品のフードねじ込み式のものでしたのでそこだけ異なります。当時のクロン35も現行品ということもあり満足していたのですが、欲を言えば少しだけ本体が大きく、フードも金属製で大きいため重くかさばるのが気になっていました。だからというわけではないのですが当時別で調達したSummilux 35mm 旧ASPHの資金として消えてきました(重さに文句いうわりには結果的にルクス35の方が重いというね)。

それで今回は、いろいろ考えて旧ASPHのズミクロン35mmにしたわけですが、個人的に(フードキャップの取れやすさ以外は)このプラ製角型フード好きなんですよね。最初にこのフードが付くレンズを手に入れたのはSummicron 35mm第3世代7枚玉のときでした。この7枚玉がとても使い勝手がよく活躍してくれたためとても好印象を持っています。7枚玉は写りがよく小型・軽量でも有名ですので、どうしてもあの使用感を求めてしまいます。

今回購入した4世代目にあたる旧ASPHは、7枚玉よりはサイズが大きくなり、重くもなっているのですが、現行ASPHよりは小型で、フードもプラ製のためか軽量です。また写りに関してはASPHの新旧で大きな違いがないとも思っているので、値段を含めて考慮すると一番バランスがよいと考えての判断になります。新旧の違いがないと言いましたが、厳密にはあるのは理解していますが、自分のような素人の目にはその差はあまり関係ないと考えます。

同じ程度の値段を出す場合、7枚玉と迷うのがとても悩ましい。しかし7枚玉は人気のため値段が高く(King of Bokehですからね)、それに経年のため状態が様々で、値段と状態のバランスが悪いと感じます。状態わるくても高かったり、状態が良ければ当然高いですし、値段が安いものはフード+フードキャップなど備品が付属しなかったりする。結局あとで備品を揃えたり、メンテナンスで追加金が必要になることがある。写りがよくて小型・軽量とか最高の35mmなんですけどね・・・・。

以前持っていた7枚玉はフードありでしたが、外観がかなり傷が多く、後ろ玉の周辺に薄く雲りありました。そのためアンダー20万で入手できていましたが、外観の傷にせよ薄い曇りにせよ実写にまったく影響なくとても写りがよかったです。(いまだと薄曇りありで25万~くらいするかな・・2020年11月現在)。

それでは今回入手した旧ASPHについてです。まえおきが長い・・。

50mmと並べたところ

外観などは使用感を感じないほど美品で、傷や汚れはほとんどありませんでした。またレンズ面ももちろん問題なし。それに元箱、取説、フード、フードキャップ、前後キャップなどの純正備品がフルセットでしたが、かなりお買い得でした。しばらく前から自分の中である程度の金額で状態のよいものを物色していましたが、希望通りの内容でした。6bitなしなので少し古いものですが、元箱が最近のデザインのものになっていたので、近年のものなのかなと。

写りに関しても、24枚撮りフィルムで試しましたが問題ありませんでした。安心できる写り。自分は基本的にはふんわりした印象を撮りたいというよりは、シャープに目の前の光景をそのまま切り出したいタイプなので、やはりズミクロンは安心だなと思いました。

ズミクロンの相場があがってる

話は少し変わって最近の相場の話。

最近、ズミクロン35mmを中心に7枚玉や旧ASPHを物色していました。新宿あたりの店舗にいってみていたのですが、クロン35mmの相場が少し上がったような気がします。国内の、それも都内を中心としたライカ相場は、某1階と地下に専門店を持つショップがコントロールしていると陰謀論のように囁かれることもありますが(冗談ですよ、あしからずw)、その店は専門でやっているがゆえに少し高めの設定をしているようです。そこに引きづられてか、他の、最近店舗を大胆にリニューアルして話題のお店も少し高めでした。

都内ショップの価格帯でいうと、Summicron 35mm 旧ASPHの場合、最近は25~32万あたり。個人的な肌感覚だと(以前は)20~25万が相場だったと思うので少し値段が上がっていますね。正直、旧ASPHの美品に32万だすなら、もう少し積んで現行ASPH(35万くらい)買えるよねと思ってしまう。売り手の立場にたって考えれば、このあたりのプライシングは絶妙といえるかもしれない。逆に25万前後のものは備品が欠品してるか、外観傷多めだったりするので、とにかく実用派にはこのあたりがおすすめでしょうか(新しいレンズなのでそこまでレンズ状態わるいものはないかなと思われる)。

先日、旧ASPHを入手後に、某店舗で状態よさそうな7枚玉を25万で見つけて一瞬よくない考えがよぎりましたが、さすがにもう冒険※したくないなと思いました。

※冒険=金策、またそれに伴う緊張感のこと

created by Rinker
¥323,950 (2021/05/18 16:14:51時点 楽天市場調べ-詳細)

もうこれで最後でしょうw、ライカM4を再度入手。

もうタイトルの時点で半笑いやん・・w。

正直、カメラ趣味やってて、あまりにも機材をあっちこっちしているとたまにバカバカしくなってくるときあります(笑)。以前、手持ちのライカM4について記事を書きました。「これで最後かな?ライカM4。やっぱり完成形はすばらしい。」それから時は流れ、202X年、世界はいまだ混迷の中にあります。

created by Rinker
¥321,800 (2021/05/18 14:21:46時点 楽天市場調べ-詳細)

なんの因果か「ライカ M4(Leica M4)」を再度入手しました。

Leica M4 + Summilux 35mm f1.4 2nd

以前のライカM4は状態も良く、不満もなく気に入っていたのですが、ライカM6を入手する際に手放していました。過去に泣く泣く手放したM6をもう一度試してみたいと思ってしまった。まったく懲りてないなと思いますし、そこは悩みました。一応毎回「これで最後」みたいな気持ちではいるのです。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

そして、ここにきて再度ライカM4を入手。バカか、俺は・・・。でもやはり完全機械式、完成形のライカM4に再びロマンを感じてしまったんでしょうね…。

手持ちのライカM6はかなり美品で、まだ長く使えると思いますし、使い勝手は最高なのですが、最近はM6を修理対象から外すリペアショップも多く、将来的にはちょっと心配がある。よく「修理できれば半永久的に・・」みたいに言いますが、それは言い過ぎだろうと思いますが、良いものを長く使う、というのはロマンがありますし、美徳であろうと。その前にフィルムの供給が心配ではありますがしばらくはモノクロを中心に細々と続くであろうと考えると、リペア可能な機体が欲しくなる。どれもこれも言い訳に過ぎません。そうです、浮気ばかりしている言い訳野郎なのです。どういう風にきれいに言ってもね。そう、本当は全部欲しいんだ、M3もM2もM6もM7もM-AもMPもデジタルも!その他ぜーーんぶ、お金持ちだったらぜんぶ欲しいんだ。それが叶わぬなら、シンプルで完成度が高い、そしてしばらくはリペアも可能な個体、ライカM4がもう一度ほしかった。それだけ。

ものを手に入れるのは、実は虚しいことでもある。

ライカM6とM4での2台体制

使い勝手のライカM6、シンプルで完成度のライカM4。この2台で世界を切り取る。これで撮れないものは逆に撮らない、私は最近そう「腹を括った」。

そう思ったのには少し背景があります。最近わりと有名な写真家の方にTwitterで「いいね」していただけるようになりました。まぁそれは単純に嬉しいわけですが、その中に作風がすごく好きな方がいて、同じようにライカのフィルムで独特の視点で日常風景を切り取ってらっしゃる。その影響が少なからずあります。正直にいうと、かなりおこがましいですが、ちょっとスタンスが似ているなとも思っていて、勝手にシンパシーを抱いています。変な演出もなく、目の前にみたものをシンプルに切り取る。それもフィルムで。独自の視点での日常の切り取りにとても感銘を受けました。それで同じようにというわけでもないですが、同じくフィルム中心に、私の目線を切り出してやろうと、そう思いました。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

入手したライカM4の状態

入手してみて使用感は問題なし。以前使っていたあの感じ。多少の擦り傷もあるので気兼ねなく使えるのは嬉しい。最初一瞬ですが、ライカM6に慣れているせいで、ファインダー内に露出表示がないことに寂しさを感じましたがw、一方で自分の感覚を信じて潔くシャッターを切るのは気持ちいいです。

巻き上げとシャッター音が、以前のものと比べて少し硬い印象がありました。その他の動作、ファインダーの具合などまったく問題なし。先日、お世話になっているリペアショップに言ってO.Hをお願いしようとしたのですが、必要ないとのことで、その場でシャッター音の調整をしていただき、現在はさらに快調になっています。シャッターブレーキがうまく効いていなかったようでした。意外と自分の耳、感覚もまだ有効だなと思いました。微妙にシャッターフィールがおかしかった。

あと、そこにこだわりはないのですが118万台のものを選びました。よくライカM4はシリアル120万台以前のものを選べと言われるアレです。個人的には都市伝説でしょ、と思いつつ、以前持っていたライカM4も118万台で使用感がかなりよかった。それに歴史的に70年代以降ライカ社が傾くことを考えるとあながち影響がないとも思えない(70年代のM4-Pとかの話きくとねやっぱり)。

Leica M4裏側

外観はそこそこきれいです。軍艦部は数箇所ブライトマークありますが、全体的にきれいな方だと思います。革の欠けも1箇所、目立たないとこに小さくあるくらい。裏蓋のスレも少しだけ(1箇所だけスレを雑に黒く塗った箇所ありますが、まぁ許容範囲かな)。底蓋はわりときれいで擦り傷程度。以前のライカM4はスレ多めでしたが、部分的に新品ぽいという変なバランスの状態でしたが、今回のものはバランスよく使用感がありました。最初シャッター音の違和感に気づいたときに若干萎えたのですが、修理でかなり変わったので快調です。若干ですが、裏蓋のパカりがありますが、まぁ許容範囲かな、そこまでひどくない。

Leica M4底蓋、わるくない。
初期ものの矢印付きクランク

ちょっと費用が捻出できたのでO.H出す気でいたんですけどね、信頼できる職人さんにOK出してもらえて、微調整で済んでとてもよかった。

もーーーーーーー最後でしょw、さすがにこれ以上は出ないでしょ・・・ね。おそらくライカボディが買えるのはこれがラストだとは思う。そろそろ人生のいろんな準備もあるし、終活とか(笑)。それはまだ早い!でもいろいろあるのです。流石にこれだけM型を自由に使えてるんだから、作品つくりに注力していきたいものですw。それではまた、何か入手したら、お知らせしますねw。

以下に最近の作例おいておきます。すべてM4、レンズはLux50asphか、球面Lux35あたり。モノクロ、カラーともに自家現像になります。

created by Rinker
¥355,300 (2021/05/18 08:24:31時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
イルフォード
¥19,989 (2021/05/18 05:58:41時点 Amazon調べ-詳細)