エルマーをめぐる冒険

最近、手元のフィルムMが2台(M4、M6)ともに入院してしまい、その治療費に莫大な費用がかかっていることもあって(支払いこれからだし、というかもう1台M4買える金額だし・・)、あまりいろいろと購入欲がでていなかったのですが、「Elmar 35mm f3.5(1941年製)」を購入しました。

elmar 35mm f3.5 + Leica CL
elmar 35mm f3.5 + Leica CL
created by Rinker
¥84,800 (2021/05/18 10:06:11時点 楽天市場調べ-詳細)

最近、ライカレンズはありがたいことに現行レンズをメインに使っており、オールドはあまり触れていませんでした。以前はエルマーや沈胴Summicron 50mmも使っていましたが、いまさらオールドレンズもなぁ・・・という感じでした。

しかし現行レンズを一周して行きついた境地は「人はエルマーにはじまりエルマーに終わる」でした(笑)。たぶん頭おかしい・・。自分も最初にエルマー50mmを使ってライカの写りに感動したこともあり、またあのレトロで作りのよいレンズに触れてみたいと思うようになってしまいました。正直、カメラ、レンズ趣味の一番怖いところ。ほんと終わりがない沼です。バカみたいって思ってしまう。

今回は手に入れたElmar 35mmの紹介をしたいところですが、過去のエルマー(主に50mmですが)について思い出を語っていきたいと思います。こういう書き出しだと長いかも・・・。

1本目のライカレンズ Elmar 50mm F3.5

本ブログの一本目の記事で、はじめて購入したのがバルナック型のライカIIIfだったという話をしました。最初は安い東欧レンズ、確かジュピター8とか、別のだったか・・を使っていましたが、どうしてもライカレンズを使ってみたくなりすぐにエルマー50mmを入手しました。実用レンズといいつつ、後玉の隅に傷が入っており、特に逆光時に変なフレアが入る状態でした。部屋を探して、当時1〜3本目に撮影したフィルムを発見。

バルナックで撮影した1本目のフィルム。

当時、天候がわるく室内で試し撮り。F3.5がどうのとか、露出の仕組みとかまったく理解していなかったのでかなりアンダー。露出やF値も適当、それでも開放なら行けるかと思い、夜でも躊躇なく撮影。とはいえちゃんと写っていることに驚いた。このレンズは後玉の隅に傷があり、端っこに乱れたフレアが出る。2015年頃の話。余談だがこの5年で使った金額はあまり考えたくない。普通に新車が買えてしまう、恐怖でしかないw。ともかく数年ぶりにこの写真を見直して、やっぱり質感がいい・・・。

そして2〜3本目に撮ったフィルム。1本目の現像から翌週あたりの日付だったので、そう判断した。ここで自分がライカにハマってしまう写真が撮れた。なんてことない近所のスナップだが、個人的にとても好きな写真。フィルムの1枚目、First of roll。仲睦まじい鳩2匹。2枚目はちゃんとフォーカスしている。相変わらず左上に少しフレア(ゴーストといえばいいのかな)が出ている。

思えばこのあたりの写真が撮れてしまったので、ライカレンズの独特の魅力にハマってしまった。機材を手放しても、結局このときの感動、描写、質感に触れたくてまた手にとってしまう。

それからは休日に近所を散歩したり、代官山、中目黒などを撮影して歩いた。おそらくあの瞬間は都内でも屈指のおしゃれ野郎だったに違いない(笑)。なんていってもその頃には純正のユニバーサルファインダー「VIOOH」なども入手、レンズにも純正のフードをつけて、バルナックのフルアーマーを下げて都内を歩いていた。当時はまだ若い子でフィルムカメラを下げている子は少なかった。日中であれば中速シャッターで何も考えずに撮ることができた。

当時このコンビで撮り歩いていた

2本目のエルマー50mm

バルナックはその後、金策のためレンズごと手放してしまう。紆余曲折あってライカM6を入手した。最初はフォクトレンダーのレンズなど使っていたが、やはり純正のものが使いたくて再度エルマー50mmを購入。これは店舗で3本くらいの中から適度なものを選んだことで状態はよかった。しかしこの頃から頭がおかしくなり、オールドレンズのF値設定の使いづらさとか、もっと現代のレンズが使ってみたいという気持ちが高まり、すぐに手放してしまう。一方では沈胴SummicronやSummicron 50mm 3rdあたりを使っており、特にSummicronの第3世代は現代的なシャープな写りだったこともあり、オールドレンズは流石に見劣りしてしまうように感じて、すぐ手放してしまった(ズミクロンについては別途ズミクロン遍歴に記載しています)。

3本目のエルマー50mm

デジタルでα 7IIやライカM-P Typ240あたりを使うようになってまたElmar 50mmを一度入手しています。なんだろう、当時の最新デジタルを使って、比較的、最近の(半オールド?)レンズを使って撮ると、普通に写りすぎるくらい写る。それに飽きてきたのかもしれない。贅沢がすぎてデジタルでもオールドレンズの味みたいなものを試してみたかったのか・・・。ここで入手したElmarは噂のレッドスケール、赤エルマーです。外観、レンズの状態もとてもよかったのですが、かなり格安で入手できました。ただこの時期になると、気持ちがもっと現行の高性能レンズへと行ってしまっており、SummicronやSummilux 50mm(2nd)など経験して、オールドはF値の変更も面倒だし・・もっとシャープに・・・などと考えて手放してしまいました。今思うとかなりもったいなかったのは、ほとんど試写くらいで放出してしまった。・・・ビョーキ真っ只中だったけど、今思い出すとそのあともっと症状重くなってるんですよね・・・。

そしてエルマー35mmへ

それからしばらくはオールドレンズには手を出しませんでした。現行レンズ集めに躍起になってそれどこじゃなかった。そして今回、エルマー 35mm f3.5を入手しました。1941年製で、今年ちょうど80歳。奇しくも自分の母親と同じ年でした。別にそこで愛着がわくわけではないけれど。まずは外観から。(前置きなげぇな・・・)

非常に軽量・コンパクトで取り回しやすい

現在M型がすべて出払っているため手元にはライカ CLしかありませんが、これがまた、「コンパクト×コンパクト」で大正解という感じ。最近はずっとこのコンビで撮影していますが、もうこれでいいんじゃないかなと思わせてくれる。暗いF値に目をつぶればこれほど有用なレンズはないのではないか。それに写りも定評のあるエルマーです。ある程度シャープに、それでいて程よい余韻を残す写り。最近は現行レンズばかり使っていたので、全体的にシャープなものに慣れていたのですが、どちらがよいということでもなく、たまにはこういう肩の力が抜けた描写もよいと思いました。それと、久々にこの年代のレンズに触れて、こんなに金属の質感よかったっけ?こういう質感の良さもライカのオールドレンズが好まれる理由の一つですね。

あと過去の経験からある程度、夕方や夜でも写るのはわかっていましたが、この35mmもある程度いけます。夜メインの撮影はしづらいでしょうが、ある程度光源があればそれなりに写ります。モノクロでも早く試したいのですが、最近カラーばかり撮っていたのでまだ試していません・・現像が面倒でw)

以下、最近の作例をいくつかご覧ください。大体フィルムはKodak Gold 200です。

上記が購入した帰り道に撮った一本。新宿の駅構内から郊外の夕焼けへ。だんだん空が暗くなりかけて、どうかな?撮れるかな?と思いましたが、杞憂でした。フィルムの粒状感はでていると思いますが、いい雰囲気で撮れています。以下、その後に撮ったものも置いておきます。

上記は昼に近所を散歩したときのもの、または早朝の散歩で撮ったもの。逆光だとやはりゴースト、フレアは出るのですが、角度によってはうまく光を捉えることができる。このレンズ、写るかどうかで言えば圧倒的に写るし、とてもよい描写をします。確かに現行のSummicronやSummiluxとの比較はナンセンスですが、そういうシャープさではなく、十分なコントラストを持ちつつ、背景やボケ、無限のときの対象が自然とふわっと写る感じは目視でモノを見るのに近くてあくまで自然。

オールドレンズは集めだすとキリがないし、それに状態がよいものを集めるのも困難ですし、トライエラー(何度も買って売ってを繰り返すことw)が求められます。とても困難な道でありながら沼に落ちる人が絶えないのも頷けます。それにライカのオールドレンズのよく写るのにコンパクトです。だからボディが最新のデジタルになっても人気があります。最新センサーでフィルムとはまた違った描写を楽しめるのはいいことですね。そこがこの沼が深くて怖いとこでもあるんですが・・w。

created by Rinker
¥84,800 (2021/05/18 10:06:11時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥89,800 (2021/05/18 03:40:23時点 楽天市場調べ-詳細)
Leica FISON レンズフード ブラック 初期型

「Nikon New FM2」を入手する

※今回は長いし、大したこと書いてないので読み飛ばしてくださいw。

いま、フィルムカメラを買い足すことに、どんな意味があるのかはわからない。

私は現在ライカM10とライカM6という、もっともオーソドックスな仕様でありながらもっとも尖ったカメラの1つで写真をとっている。でもときどき不安になることがあった。これらのカメラはもちろんオールマイティーな機能や操作性があるカメラではないため、独特の使用感に自分が慣れてしまっているのではないか。この2台が写真を撮るためにまったく不足のない道具なのは理解している。しかし道具がもたらす自分への変化がどこかにあるのではないか。

レンジファインダーのフォーカシングは独特で、そのためある程度仕組みさえ理解してしまえば咄嗟のスナップに都合のよい道具であったりもする。今となっては独特ではあるが、仕組みを理解した上で自分なりに瞬間を切り取るのは快感だ。単純に他の機材も使ってみたくなったんでしょ、と言ってしまうこともできるが、それほど単純ではないような気がした。

過去に使っていた同じくらいの年代のカメラとしては、CANON New F-1、Nikon F3、F4、もう少し古いものだとAsahi Pentax Spotmaticなどがある。New F-1は元々FDレンズの描写が好きで、それならボディもと考え”意識的に”購入した機材。純正のボディとレンズでの撮影、描写はとても気に入っていた。ただしあの重さには閉口した。Pentaxはたまたま古道具屋に埋もれていたものを拾ったもので、ガラクタながら写りがよかった。確かTakumar55のF1.8でトリウムレンズ?だったと思う。露出計がしんでいたので適当だったが妙に雰囲気のよい写真が撮れた。F3、F4はあまり深く考えずに手に入れてすぐ手放してしまった。Nikonのフラッグシップ機なだけにさすがの使い勝手だと思った。高機能なゆえにとても重く常用できなかった。

これらの経験からそれぞれの魅力はわかっていたが、どうしてもライカの描写、コンパクトさ、モノ自体の魅力から離れられなかった。以前は撮影時に技術的なことや、細かい操作についてあまり深く考えずに対応していたが、最近はF値やシャッタースピードも意識的に使い分けたりしている。また、モノクロ、カラーの自家現像も行うようになり、撮影や現像で思うような結果を出せるようになってきた。このタイミングで日本製のフィルムカメラに回帰してみたくなったのである。と、いつもながら前置きが長い・・・。

入手したNew FM2はとてもよい実用品だった

F3、F4の使用経験もあったし、APS-Cとフルサイズの違いも知らなかった頃、最初に買ったのはNikonのエントリー機だったこともあり、Nikonには質実剛健なよい印象をもっていました。そこで、機械式シャッターで堅牢なことで知られる「Nikon New FM2」を入手しました。

Nikon ニコン New FM2 後期 ブラック ボディ
created by Rinker
Nikon
¥54,442 (2021/05/18 16:05:23時点 Amazon調べ-詳細)

(値段的に入手しやすい)FEやFAなどとも迷ったが、総合的に人気のあるFM2を選択。最近では機械式シャッターの人気が高く、30年ものの中古としては少し割高な印象(上位機種のF3より高い場合あり)。元々はF2を狙ってたけど、流石に少しオールドすぎるかなと。それとレンズは標準中の標準、50mm/F1.4を選択しました。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

このFM2は最近まできちんと人に使われていたと思しきもので、経年のほころびはあれど、動作状態はかなりよいものでした。ファインダーの小ゴミやモルト劣化は許容範囲、露出計も現状はほぼ正確なようです。また裏蓋はオプションのMF-16データパックになっていました。個人的にデータパックにこだわりはないけど、高機能なのでとてもお値打ち。FM2はわりとジャンクなものが高値で売られる傾向があり、このタイミングで引っかかりたくないなと思っていたのでとてもよい取引ができました。また機会が有りましたら、よろしくお願いいたします。

まずいな、使い勝手がよい・・・

以前、NikonのFシリーズを短期間で手放してしまった経験から少し怖さもあった。どうせ入手しても重いとか、使い勝手が、、とか、ファインダーの汚れが気になるとか言ってすぐ手放すことになるのではないか。しかし数日使ってみて、最初こそ久々の一眼レフのフォーカスに慣れなかったが、慣れてくればやっぱり使いやすい。ファインダー内部もF値、SS、露出が上部と左右に分かれているので目線を動かすことが多く最初分かりづらかった。またフォーカス、絞りリングがライカと逆なため、咄嗟に逆に回してしまったりもした。ただしこういった身体的な部分は慣れで何でもなかった。なによりボディ、レンズの軽さがよかった。といっても結局はライカと同程度の重さだが、ライカより100gほど軽いようだ。ライカより厚みは少し大きいが構えやすい。そして巻き上げレバーも軽い(このあたりの機構の動き、感触はライカの方が好きだが)。全体としてはサイズ感がよく、余計な機能もないのでスナップに集中できる。

サイズはほぼほぼ同じくらいか
ライカより厚みがあるが構えやすい
コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

まずいな・・・使いやすい。以前さわったF3、F4はかなり大きく重い、そのかわり高機能。中級機種であるNew FM2は最低限の機能だが軽く使いやすい。余計なことをしない自分にとってはかえってこの方がいい。写真学校の指定機種であるとか、多くの人がこのカメラで上達したとか、プロがサブで使っていたとか、いろんな話を聞くが、これは確かに使いやすい。余計な機能も必要ない。ストロボすら使わない自分には向いている。なんだか、教習所の車みたいだなと思った。平凡だがこなれていてとても運転しやすい。

これはしばらく使うかもしれない

自分に合う道具を見つければ(見つけるまでが大変なのだが)、そこまでとっかえひっかえにはしない方だと思うが、FM2は久々に自分に合う道具かもしれない。確かにシャッター音などは大きめだが、機械的で好ましい。今どき気をつけないといけない話だが、道端で人のいる方に向けるときはシャッター音に少し注意がいるが、近所の散歩で街角を撮るくらいだと、いつもよりフィルムを消費してしまうかもしれない。

コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック

もう少し、この個体について触れておくと、全体的に傷は少なめで、ロゴまわりはきれいな状態、ここは個人的に気に入っているところ。底面とか角の部分は適度に擦れているけど嫌な傷はなく、きちんと使われてきた感じがする。ところによって真鍮かな?、塗装下の金地が出ているのもかっこいい。あと裏蓋のMF-16というデータパックは、日付が2020年でも使うことができた。機能はおそらくすべて生きているようで、液晶表示もOK。何枚か日付つきで撮ったが、写真自体がレトロな印象になって、日付を入れて遊ぶのもよいかもしれない。個人的にはあまり日付機能に思い入れはないので、そのうちノーマルの裏蓋を入手して交換するかもしれない。しかし噂には前から聞いていたけど、この使用感は結構クセになる。総合的な取り回しやすさがとてもよく、人気があるのも頷ける。フィルムの減りが早くなるので注意が必要だ。撮影した写真もかなりよく撮れているが、それは次回別の記事にて書こうと思います。

ロゴまわりがきれいな状態
データパック、まだ使えます
レトロな設定がなつかしい・・・

Kodak カラーネガフィルム ProImage 100 35mm 36枚撮り 5本パック


Kodak カラーネガティブフィルム プロフェッショナル用 35mm ポートラ400 36枚 5本パック 6031678


コダック/KODAK カラーネガフィルム GOLD 200-36EX 10本パック