エルマー以外で選ぶとしたらこれ、沈胴Summicron 50mm f2

ボディを買えば、レンズが増える、でおなじみですが、レンズが増えました。
「Summicron(ズミクロン)50mm f2 沈胴 L39スクリューマウント」を手に入れました。

沈ズミ、久々です。正直、何本目だよという感じですが。
実は1年ほど前に、その時点ではかなり久々に1本手に入れていたのですが、当時の状況からすぐ手放しておりました。実はあの「山崎磨き」のズミクロンでした。こちらの方が気になる方多いと思いますし、ネタとしては面白いと思いますが、それほど作例もなく放出したため言葉を持ちません。
この山崎レンズは今回のものと同様にL39マウントでアダプターを介してM型(しかも当時はブラックペイントのライカMP、ドイツOH品ですよw怖いわ・・)で使用、おそらくフィルムでは数枚撮影して、あとはデジタルで数枚撮影した記憶があるのですが、無理して手に入れためすぐ放出するはめになりました。かなりもったいない。(しかも酔狂で純正のフードまで手に入れたのにすぐに放出、ほんともったいない)。

さて今回の沈ズミですが、結果からいうと当たりです。レンズ面の傷が最小限な状態でして、自分としてもここまできれいな状態のははじめてかもしれない。外観もきれい、ガタほぼなく使用時に気になるような感じはなし(伸ばした胴鏡部にはない)。くもりもなんとなくシビアにみれば多少あると思われるが写りに影響ないと思われる、絞り羽はかなりきれいな状態、という状態のものでした。

絞り羽もきれいです

こちら数年前ではあるものの「H田カメララボ」でのメンテ品とのことでした。コレクター所蔵品とのことで購入後使っていないとのこと(一応OH時のシリアル付き明細と点検のエビデンス写真付き)。入手時に思ったのは、現在入手できるものの中では、値段と状態のバランスがよいのではないかなということでした。特に入手したいと思っていないときから、たまにサイトをみて適度なものがないか探してはいたのですが、もうよい玉はでつくした感じでしょうか。店舗でも曇りや傷のあるものが多い気がします。

そして前回記事でライカDIIIブラックを入手したと書きましたが、そのマッチングたるや、サイズ感、見た目のバランスが非常にかっこいい。バルナックは軽く取り回ししやすいですが、レンズのサイズ、重さも含めてバランスがいい。そう、こういう軽快さがほしかったのです。正直欠点がない。バルナックといえばフィルム装填がしづらい部分がありますが、それも慣れたら苦ではないし、もうこれでいいじゃんとなります。さんざんM型使ってきて一周まわってしまった感があります。

返品になったDIIIと合わせたときの沈ズミ

昨今フィルム使いには厳しい時代がやってきました。短期間でここまで環境が変わると思っていなかったのですが、一度その魅力に取り憑かれると抜け出せない。高額のデジタル機を使っていても、なんとなく自分の中でのメインはフィルム、という感覚が抜けない。そういう意味でバルナックとオールドレンズで、ゆるくフィルムを続けていくというのは自分にとっては最適だなと感じます。このブログの最初機にも記載しましたが、自分がはじめて手に入れたライカもバルナックIIIfでした。あの経験が今につながっており、ここに戻ってきた感じがします。

今回記事内容が散らかってしまうのですが、自分の沈ズミ歴に少し触れておきます。以前書いた「ズミクロン遍歴」でも書いていますが、改めて。

最初に手に入れたのは、はじめてのライカ、バルナックIIIfを手放して、オールドレンズの母艦としてα7IIを使っていた頃になります。沈ズミが欲しくなったのですが、お金もなくオークションを物色して手に入れました。当時としても安めの4.5万ほど。外観こそきれいでしたが、後玉の隅がガリっと引っ掻いた傷がありました。素人が無理やりメンテ使用としてカニ爪で引っ掻いたもののようでした。レンズ自体はわりときれいな状態、ガタも最小限。少し不安でしたが、写りはかなりよかった。デジタル、開放でグルグルボケが出るのも楽しくオールドレンズの醍醐味に触れました。しかし影響がないといっても傷がきになりすぐに放出、また別の個体を入手しましたが、これが曇りのひどいものでガタつきもあり、ハズレを引いてしまいました。すぐに手放しましたがここでお金が尽きてしまい、しばらく別の方向へ。
その後、ライカM5〜M6あたりを使い始めたときに1本入手して使っていました。これは6万くらいだったと思いますが、状態もよく写りもよかったと記憶しています。当時撮影したものが残っていますが、渋谷〜神宮外苑あたりの風景でとてもいい雰囲気の写真が残っています。
このレンズをどのタイミングで手放したのか記憶がないのですが、おそらく他の何かを買おうとして手放してしまったような気がします。それからしばらくは現行レンズなどを大きく経由したためしばらく入手していません。その間に沈ズミの値段は3倍程度に上がってしまいました。おそらくもう手に入れることはないかな・・・。
と思っていたとき、先に記載した「山崎磨き」のレンズが気になります。界隈では賛否あるも、再生されたレンズでの作例もよいことから一部では人気のあるレンズです。これは山崎光学研究所にて再研磨することで傷の入ったレンズ面をきれいに再生したもの。オリジナルが珍重されるオールドレンズ界では一種のタブーでありつつ、レンズの能力をある程度再生できるとあって一部で人気の個体です。

この「山崎磨き」の沈ズミを当時12万円ほどで入手。まぁレンズ自体の相場が10万前後で、そこから磨きに3万ほどかかると考えると相場なり・・・ということだと思います。ただ所有は一瞬でした。当時はまだ現行レンズを数本もっており、オールドは結局遊びにしかならず、それに無理して入手していたので資金繰り悪化のためあえなく放出となりました。
何枚か試し撮りはしましたが、確かにレンズ面はきれいになっているため、いわゆる普通に写る沈ズミ、という感じでした。状態の悪いもの、惜しいものを再生する、という点では意味のあることだと思いますが、何か劇的な変化をもたらすものでもないなというのが感想です。逆に変化してしまうならば、それは沈ズミではないですし、山崎さんもオリジナルの良さを失わないギリギリを攻めていると思われます。でも、もう少し写真とっておけばよかったかな・・。

ライカM10-R+山崎沈ズミ

そして今回の沈ズミ。経年のためか少しの薄くもりはあるものの、そこまで影響はなさそうな個体で、レンズ面の傷もかなり少ない(ヘアライン傷、1、2箇所くらい?)。現在、撮影を進めていますが、いま数本とってみてフィルムの粒状感があるにしてもかなりシャープに撮れています。先日購入したORWO(オルヴォ)UN54というドイツ製の映画用フィルムでも撮りましたが、よい感じに撮れています。(手持ちのエルマー35と比べればさすがにズミクロンの方がシャープだなと感じました)。現状はモノクロオンリーですが、とてもよいコントラストが確認できています。オールド、フィルムでの写りとしてはこんなもんかなと思います。

今後は、以前から所有しているエルマー35mmとこの沈胴ズミクロン50mmでゆるやかなフィルムライフを楽しみたいと思います。(そろそろ、暗室プリントしないとなと思っていますし、ブログでもプリントに触れて置かなとと思っています。使えていないけどValoy IIはほんとかっこいいので紹介したい。あとはフィルムの話なども触れられればと。ネタはいっぱいあるんですけどね。)

Leica DIII (ブラック)

Summicron 35mm f2 (旧)ASPH 6Bit

前記事

参考記事(キャップ)

今回はレンズについて書いていきます。

Summicron 35mm f2 ASPH 6bitを入手しました。こちらは旧ASPHとも呼ばれる第4世代で、キャップがプラ製ではめ込み式になっているものになります。そしてちょっと前に手放しました。

LEICA SUMMICRON−M35mm F2ASPH【中古】

誤解のないように申し上げるとこのレンズはかなりお気に入りレンズですし、写りも非常にいい。なので手放したくはなかったのですが、どうしても色々な絡み(金策w)で手放してしまいました。自分の中では定着してもっていたいレンズでありながらなかなか定着しないレンズでもあります。過去にも1度手放してしまっている。

入手の経緯としては、しばらくの間、フィルムカメラ向けにElmaer 35mmで撮っていたのですが、デジタル向けにはサードパーティ製のレンズを使用しており、いつもの悪い病気でどうしてもライカレンズで撮ってみたくなったという状況です。最近やらかしてなかったのですが今回は久々に無茶して入手しました。

以前にも書いた通り、私はこのバージョンのズミクロン35mmが好きです。仕様とサイズ感のバランスがよいためです。現行の35mmは写りは良くなっているようですが、サイズが少し大きくなっている点とフードが金属製で耐久性がある一方でサイズが大きく、重くなってしまっています。旧ASPHのプラスチックのスクエア型フードと全体サイズはこのバージョンか、1つ前の7枚玉として有名なバージョンのみでしょうか。

写りで言えば、おそらく現行品がよいとは思いますが、以前使っていた印象ではそこまで大きく変わらないかなと思っています。「検証」と称して確認しないとわからないものは我々素人にはわからないだろうと。あと人気なのは7枚玉レンズですが、今回の「旧ASPH」は現行と7枚玉の間で少し影に隠れがちな印象です。しかしASPHレンズの採用で写りは最新に近い性能ですし、値段が落ち着いていることを考えてもライカにしてはかなりお買い得な部類のレンズだと思います。個人的には以前の記事で書いた通り、この角形フードとサイズ感が最高に気に入っており、全体のバランスはライカレンズの中で一番好きです。

この旧ASPHのズミクロン35mmですが、仕様を細かくみますといくつか種類があります。まずはシリアルが若いものには6bitがありません。おそらくシリアル400万台以降から6bitコードがついている印象です(過去に複数みたものはだいたいそうなっている程度)。またBitなしの、初期のレンズでは元箱が昔のライカの白い箱になっています。コード付きのあたりから現行のグレー・シルバーのモダンな元箱に変わっているようです。

またプラ製の角型フードですが、両脇にある着脱ボタンが初期のものはシルバーになっており、後期のBit付きのあたりからフードと同じ黒のボタンに変わります。個人的にはこの後期の黒いボタンのフードの方が見た目としてもかっこいいと思います。ただ以前もっていたこの旧ASPHレンズですと、Bitコードなしでしたがフードのボタンは黒になっていました。おそらく380、390〜400万台の手前くらいの過渡期の仕様かなとも思います。記憶では元箱も現行のグレー・シルバーのものになっていたと思います。なのでBitコードがついたのが最後の方ということになりそうです。このあたりはライカは過渡期には混在するのであまり気にしても仕方ないかもしれません。古いオールドレンズなどではこういった仕様の違いで流通相場が変わってきたりするのですが、ASPHレンズは最近のレンズということもあり、そういった部分はなさそうです。せいぜいBitコードありが若干値段が高い、というくらいでしょうか。

ただしここの個人的に諸説あって、以前、某店舗の相場をみていたら、Bitコードありのものの方が安めに設定されていました。逆にコードなしの方が高め。そのあたりなにか裏事情があるかどうかまではわかりません。(古いからメンテナンス済みで、その分の上乗せされているということなら理解できますが)。

以前の記事ではこのレンズの相場にも言及していました。当時は7枚玉と迷っていましたが、今回は特にほかと比べてというのはありませんでした。状態が良さそうで値段がこなれているものが出てくるのを待っていたという感じです。上述のBitあり、なしでの値段の違いが少し気になりつつ、レンズ性能には特に影響なかろうと考えていました。値段については店舗での値段ですと、以前よりは若干落ち着いてきたのではないでしょうか。以前ですと、現行のズミクロンが入手しずらかったからか、このバージョンのレンズも30万オーバーあたりでしたが、現在だと25万〜30万未満あたりで、数年前くらいの相場に戻ってきた感じがします。想像ですが、現行ズミクロン35mmにアップデートした人が増えてきて、このバージョンの在庫が増加したとかあるのかなと思います。もっと上に行く人はアポズミに行くでしょうし、現行ズミクロンにも移行しやすくなったのではないでしょうか。

このレンズの写りについては今更触れる必要もないかと思います。とてもよく写る。街撮りスナップなどでは線の濃さもあり、現代の一瞬を的確に捉えてくれる。かといってズミルックス他の少しにじみのあるレンズや個性的なレンズのような感傷的な感じもない。とにかくよく写るとしか言いようのない力強さがあります。

個人的にはデジタルでもフィルムでも、とにかくきちんと写ってくれれば文句はないので、変に個性的なオールドレンズよりは日常使いに向いていると考えています。クセのなさはとてもよいかと思います。個人的には一番おすすめなレンズではあります。最初に手に入れて、それ以上変な目移りをしなければこれで落ち着いてしまうというのが、一番正しい道だと、さんざん散財して身をやつしていいる私としては思います。目移りしなければ、の部分が一番むずかしい部分ではありますが。

以下、作例になります。デジタルにつけていたのであまりフィルムの作成少ないのでその点はもったいなかったかもしれない。もう少し使ってもよかったかもしれません。

LEICA SUMMICRON−M35mm F2ASPH【中古】
created by Rinker
¥815,100 (2024/04/24 19:37:06時点 楽天市場調べ-詳細)
Leica エルマー L35mm F3.5 クローム [ Lens | 交換レンズ ]