Leica M10-R (ライカM10-R) ブラッククロームについて

今回は潔く書きます。

「Leica M10-R (ライカM10-R) ブラッククローム」を購入しました。

現行の最上位機種、ここまで到達しました・・・正直もうやぶれかぶれです。(前面のロゴはテーピングしてしまいました)

ちなみに期せずして元旦更新になってしまいました。あけましておめでとうございます。今年もゆるく書いていきますのでよろしくお願いいたします。

Leica M10-R + Summilux 35mm f1.4 ASPH.

この不可解な思考

ほんとはこんなことする予定まったくなくて、家庭の事情もあるし、もういい年齢ですし、子供も生まれましたし、いろいろと大変になる時期なわけです。しかし、、、おそらく先のSummilux 35mm f1.4 ASPH FLEで変な気持ちに引っ張られた感じがしています。自分的に最高のレンズを手に入れて、これをどうしてもデジタルでも試してみたいと。そのため実は一時期「SONY α7 RII」も手に入れてて(しれっと言うけどw)、型落ちとはいえ4000万画素でのこのレンズの描写は試しておりました。ただそれは「ライカではない」のです。もうそれだけの話。

そこでライカのデジタルを物色しはじめてしまいました。いま手頃で現実的な価格でデジライカを買うとしたら、ライカM(Typ240)、ライカM9、M9-P、ちょっと高望みしてM-P(Typ240)あたりかなと。そこで考えていくと、M9、M9-Pは流石にもうそろそろ電気製品としては危ないかなと思いました。バッテリーももう在庫ないでしょうし、内部も劣化していそう。それに元々センサー剥離問題もあり、センサー未交換のものだと安いですが、交換済みのものは高値です。いまからメイン機としては選択肢に入れづらい。どちらかといえばM9-Pの方が魅力的だと思いますが、こちらも高値。M9で撮れる絵が唯一無二とはいえこれを選ぶならもう少し最近の機種がよいだろうとなってしまいます。

一方でライカM(Typ240)はどうか?これは値段が割とこなれてていいなと。しかし私が最初に所有したのがM-Pだったので、今更手に入れるならどちらかと言えばM-Pがいいなと。オールブラックの外観、静音性のあるシャッター、軍艦部の刻印など外観も機能も魅力的。しかしM-Pもいまだに値段が高い・・。いまだから値段を明かしますが、私が入手した当時で撮影枚数400枚の美品が68万でした。それを売却するときはちょうどM10の値段がこなれてきた頃で、M-Pの値段が下がり気味のとき、それで43万でした(ほんとは50万くらいで売りたかったのですが・・)。でも今になってみるとM10シリーズがブラッククロームだったこともあってか、ブラックペイントで安定した仕様のM-Pはいまでも中古で50万前後で高値を維持しています。これから手に入れるとしたら高いなと・・。

じゃぁいっそのこと値段がこなれたM10はどうか?これは以前持っていたし、シャッター音が大きいのでその後M10-Pに変えた経緯があり、これもいまさらという感じ。値段とスペックは魅力ながら選択肢から外れました。それではいっそのことM10−Pはどうなのか。これ今年のはじめに持ってたじゃんw。確かに赤バッチもなく全体がブラックで引き締まっており、軍艦部に文字も入っていてかっこいい・・・。それに最近値段がこなれてきて手に入れやすくなってきている・・・。だけど最近ライカ界隈がみんなM10-Pに買い替えてて新鮮味ないなぁ(←なにそれw)。それに一回持っていたのであまりピンと来ず・・・(そんな理由・・)。

そんなプロセスを経てM10-Rにたどり着きました(よくたどり着けたな)。いっそのこと最上位機種にいってしまえという感じです。最高峰の35mmレンズを手に入れて、それをデジタルで試したい、それも4000万画素センサーで試してみたい・・・。人類が持つ飽くなき探究心が自分を駆り立てているのです。好奇心に勝てませんでした。という言い訳。

M10-Rの使用感

さて、M10-Rの使用感がどうかというと私が淡白なのかもしれませんが、道具として「普通」です。

これまでもフィルムもデジタルもライカをメインで撮ってきて、何も足さない、何も引かない、シンプルな道具。いつものライカでした。一部では高感度ゆえに低速シャッターでブレが気になると聞いていましたが、自分の用途(スナップ)ではそこまで気にならず、多少のブレやぼやけは味かなと。

シャッター音はM10-Pと同じ静音設計なので、電車内から外を撮るとか、街なかでも人を気にせず撮れるのはいいと思いました。前面の赤バッチは開封してすぐ黒テープでマスキング。軍艦部に文字がなく寂しいですが、人がちらっとみてライカだと気づかれにくいし、詳しくないと機種も分かりづらいのでその方がいいかなと。そういう意味ではM10-Pと同じ使い勝手だと思いました。

一番の特徴でもある、センサーが最新であることによる高感度は夜の外出ができないのであまり使用できていませんが、夕暮れを撮ったり、近所で試写した感じだと耐性があって使い勝手よいかもしれません。確かに暗い部分をあとでいじっても結構でてくるなというのは感じました。あとはDNGデータを大きく拡大して、遠くのものをみても限界はあれど、荒れが目立たず自然な質感だと思いました。デジタルデータ独特のモザイク状に荒れが出てくるというよりは、フィルムの粒状感のような感じ。また画像サイズも大きいためクロップしても使えることを考えると、このあたりはライカQ2にもつながる利点ではないかと思います。スナップ時のフレーミングが雑になるかもしれませんが。

またオールドレンズの母艦としてですが、そこはM10シリーズと変わらずレンズ状態によるリアルな描写ができるのではと思われます。自分が別で持っているレンズとしてはElmar35mmF3.5になりますが、古いものであるため逆光時にはかなりフレアがでますし、独特の表現はできるかと思います。標準的な場面では普通にきれいに撮れますし、レンズ性能は十分引き出した上で撮影できそうです。自分のエルマーは前玉の中心に1点ゴミがあるので絞って使うと薄くゴミが写ります。このあたりは使いどころかなと。

あとカラーはM10をはじめて使用したときよりは変なクセを感じませんでした。自分が慣れたのかもしれませんし、センサー性能による微調整のようなものがあるのかもしれません。モノクロもこれまでのM10シリーズと同様ではありますが、暗部の濃さは好みのものですし、明るくしたい箇所の調整の幅が広いという意味では使い勝手がよいと思います。ライカはどの機種もそうですが、引き締まった黒になるので、モノクロで撮りたくなる場面が多いです。特にオールドレンズなどであれば、レンズの経年劣化の瑕疵も含めて表現として使えるのかなと思います。簡単ではないでしょうが。

最近撮ったもの

以下に一例としてSummilux 35mmでの作例を掲載します。素人の撮影なので今更ですがあまり参考にならないかもしれません。実は1つ前のSummilux 35mmの記事で載せていた作例もフィルム以外はこのボディで撮ったもの。(余談ですが、自分でとったものを作品と呼ぶのも、作例と呼ぶのも好きではないのですが話が通りやすいので作例と言いますw。)

多少明暗の調整はしているものの大きくは調整していません。このボディでの色味の出かたはとても素直だと思います。光の加減などの写りも良好。子供がいるためあまり街なかに出られていません。ほんとは良い感じに鄙びた街を撮ってあるきたいですね。

以下はElmar 35mm F3.5での作例。自分のは戦後のコーテッドものなのである程度逆光いけるのですが、オールドでの例とします。こちらはモノクロメインで使うことが多いです。カラーでも”普通に”写りますが、最近それほど撮れていないのでネタがないのと、色の出かたはLux35の方がいいため。黒の締りがいいのはライカの特徴かもしれませんが、このボディでのモノクロもやはり良いです。私見ですがオールドレンズでの”ゆるさ”と最新センサーの厳密さのよいバランスが出ている気がします。昨今のオールドレンズの高騰もわかる気がします。

以上、ライカM10-Rのお話をさせていただきました。10月に子供が生まれ、0歳児がいますとなかなか外出ができないことから、あまり撮影機会が得られていません。家で子供の写真が増えるのは確かですね。もう少しすれば外出機会も増えると思うので、それまではこのボディを維持して(笑)、旅先などでの撮影も楽しみたいなと思います。ここまで来て、もうほんとに・・これ何回言ってるかわかりませんが、ボディは・・レンズもですが、もうアガリでいいでしょう(笑)。もうこれ以上は出ませんよw。

最近またフィルム熱が上がってきているのですが、世界情勢もあいまってフィルム価格もかなり高騰しているのと、フィルムの廃盤も相次いでいることからこれもどこまで楽しめる趣味なのかわかりません。それでも撮影フィーリングはフィルムの方がよかったりするので、できるだけやりたいなと思っています。その流れから、最近「プリント」に挑戦しています。いわゆる暗室でのモノクロプリントです。次回はそんなことも書いていければと思います。